南国土佐を後にしての歌碑  なんこくとさをあとにしてのかひ

いまや高知県の愛唱歌

歌手・ペギー葉山さんが歌い1959年に大ヒットした『南国土佐を後にして』は、太平洋戦争の時代に郷土出身の鯨部隊(朝倉44連隊)が遠く離れた戦地でふるさとを偲んで歌った歌が原曲。はりまや橋公園東側に,平成24年建てられた歌碑には歌詞が刻まれ、午前8時半から午後8時半まで1時間おきに歌声が流れ、そばに建てられた親子鯨が曲に合わせて潮を吹く仕掛けとなっている。

所在地
〒780-0822 高知市はりまや町1 はりまや橋公園内
料金
無料
駐車場
交通アクセス
高知自動車道高知ICから、車で10分
JR高知駅下車、徒歩10分
とさでん交通バス「はりまや橋(東)」下車すぐ
とさでん交通 路面電車「はりまや橋」下車すぐ
お問い合わせ
高知市観光振興課
電話:088-823-9457

周辺のパスポート施設

  • 高知市
  • 高知市
  • 高知市
  • 高知市
  • 高知市
  • 高知市
  • 高知市
  • 高知市
特集