ホーム > 大自然のレジャーランド 高知

Leisure

大自然のレジャーランド 高知


高知県レジャーランド化構想

「高知県レジャーランド化構想」を読み解く!

伝説の元県庁職員・清遠和政が「おもてなし課」に突き付けた壮大な観光プラン「高知県レジャーランド化構想」。 海・山・川の大自然の魅力あふれる高知県下をまるごと、アウトドアのレジャーランドに見立て売り出そうという計画です。

「高知県レジャーランド化構想」は実在するプランではなく、フィクションの世界の話ですがそのプランの中で挙がっているのは、まぎれもなく高知県が誇る一級の観光資源たち。 その舞台を探れば、きっと高知県の魅力が見えてくるはずです。

それぞれの舞台にゆかりのある人たちに、スペシャルインタビューを敢行しました。

<特集「大自然のレジャーランド 高知」は随時記事を追加更新していきます。>

「中距離射程と長距離射程」高知が誇る清流、四万十川と仁淀川

「高知県レジャーランド化構想」で、グリーンツーリズムの軸として登場しているのが高知県が誇る二大清流、四万十川と仁淀川です。 「日本最後の清流」として全国的にも知名度の高い四万十川と、高知市から1時間圏内と比較的都市部に近いにも関わらず、全国屈指の水質を誇り、川遊びのメッカでもある仁淀川。

それぞれの川を知り尽くす達人を案内人に、流域の魅力を語ってもらいました。



小説「おもてなし課」の舞台裏  |  高知県庁リアルおもてなし課  |  大自然のレジャーランド 高知  |  高知県庁 ロケセットについて  |  「県庁おもてなし課」の舞台、教えます。