真覚寺  しんかくじ

幕末の土佐を伝える真覚寺日記

土佐市宇佐町渦尻にある浄土真宗大谷派本願寺末寺。住職井上静照が安政元年(1854年)から慶応4年(1868年)まで綴った日記『真覚寺日記』が所蔵されている。安政の大地震の記録とともに当時の社会状況が克明に記録されており、幕末の土佐を知るには欠かせない資料である。原本は「地震日記」九巻、「晴雨日記」五巻からなる。『真覚寺日記』の名称は高知の歴史家寺石正路の命名である。

所在地
〒781-1161 土佐市宇佐町宇佐2546
料金
無料
休日
無休
交通アクセス
高知自動車道土佐ICから、車で15分
ドラゴンバス・とさでん交通バス「橋田」下車すぐ
※現在マップ表示はメンテナンス中です
特集