フォトスポット074

一斗俵沈下橋

四万十町

撮影シーズン:
春
夏
秋
冬

昭和10年(1935)に建設された四万十川に現存するもっとも古い沈下橋で、国の登録有形文化財に指定されています。橋のある壱斗俵は高南台地とよばれる県内有数の穀倉地帯。弥生時代に始まったといわれる米作りの歴史はまた灌漑の歴史であり、四万十川に築かれた堰や水路によって開かれた多くの美田を、沈下橋とともに見ることができます。

フォトスポット情報

◎撮影地:四万十町壱斗俵
◎撮影シーズン:通年
◎アドバイス:
橋はやや南北方向に掛けられており、手前側からの撮影がポピュラー。川舟があれば入れて撮影を。秋から冬には沈下橋に影がかかりやすくなるので注意。この沈下橋の特徴は、中心部の橋脚の間隔が開いてい点なので、これを強調するアングルも狙ってみましょう。レンズは広角から標準。
◎アクセス:
●四万十町/高知市から65キロ―メートル(1時間15分)
●車で
*高知市から高知IC(インターチェンジ)→中土佐IC(インターチェンジ)→国道56号(仁井田で右折)→県道323号→県道19号(四万十川上流へ)、約75キロメートル。
*高知自動車道中土佐IC(インターチェンジ)から、約23キロメートル。
●JR土讃線で
*高知駅からJR窪川駅まで(特急)約1時間。 JR窪川駅より約11キロメートル。

画像のダウンロードにはID・パスワードが必要です

  • 画像をダウンロードする
    画像サイズ1.2MB
  • ID・パスワードを申請する
    ID・パスワードの申請はこちら
    その他周辺のフォトスポット
  • 久礼の内港

    ここから約22キロメートル
    高知市より約53キロメートル

  • 土佐興津坂展望台

    ここから約20キロメートル
    高知市より約79キロメートル

  • 高樋沈下橋

    ここから約24キロメートル
    高知市より約73キロメートル

    周辺のおすすめスポット
  • 岩本寺

    ここから約12キロメートル

  • 松葉川温泉

    ここから約6キロメートル

フォトスポット詳細マップ


大きな地図で見る

フォトスポット検索

    フォトスポットをキーワードで検索

  • 検索したいキーワードや市町村名をご入力ください

フォトスポットを条件検索

■撮影エリア
■スポットのカテゴリー
    
 町並み  歴史・史跡 
 建築物      祭り 
 神社・仏閣 
■撮影シーズン
          

ページの最初に戻る