HOME | 自転車で風を感じて「ものべがわCafeチャリ」

こうち女子旅ニュース

美味しい アクティブ 自然 

自転車で風を感じて「ものべがわCafeチャリ」2014/09/13

ものべがわCafeチャリ

カラフルでおしゃれな自転車で、颯爽と駆け抜けながら河畔の景色を楽しみ、さらに美味しいスイーツも味わえてしまう。あれもこれも楽しみたい、欲張り女子にぴったりのチャリ旅「ものべがわCafeチャリ」を体験してきました。

物部川は、高知県香美市の白髪山を水源とし、土佐湾に注ぐ一級河川です。深緑色の静かな水面は、川というより湖のようなたたずまい。物部川流域は、個性的なカフェが多いことでも知られ、カフェ好きの高知女子に注目されているエリアです。「ものべがわCafeチャリ」では、自転車で河畔を散策しながら、物部川の自然はもちろんカフェでランチやスイーツも楽しめます。



ルートマップ
ルートマップ2


午前中に集合すると、まずはマップホルダーが配られました。色とりどりのロゴシールを貼ってMYマップホルダーを作り、本日のルートを確認。



lineups


trial
trial3

カラフルなおしゃれスポーツバイク、どれを選ぶか迷ってしまいます。まずは試走してみよう。スポーツバイクは初めてだけど、大丈夫かな。ドキドキ。



start


instruction


riding a bike

ギアチェンジやブレーキの操作方法、道路走行時の基本的なルールを事前に教わってから、いざ出発。河畔沿いの風が心地よいです。スタッフが併走車で同行してくれるので初心者でも安心。いざとなったら、自転車ごとピックアップしてくれるそうです。
この日は「土佐おもてなし勤王党」のおりょうちゃんと武市先生も取材に来ていましたよ。



lunch2

ルート沿いには、素敵なカフェが点在しています。カフェ好きの友だちが絶賛していたお店でランチをいただきました。オーダーしたのは地元産の無農薬米や新鮮野菜をふんだんに使ったお膳。味付けの基本になるダシにも土佐清水産の宗田節を使うなど、こだわりを感じさせるとともに、身体に優しいお料理です。



makiwari1
makiwari2

ツアーの中では、こんな「田舎プチ体験」も。生まれて初めて薪割りに挑戦!女性の腕にはずっしり重く感じる斧を持つと腰が引けてしまいましたが、斧の重みをうまく利用することができると、パッカーンと気持ちよく薪が割れました。ちょっとクセになりそう・・・。



sweets
sweets2


Cafeチャリですから、合間に寄り道、こだわりスイーツで一息は欠かせません。クルミ入りのきなこ団子に、かき氷!



cafe time

ここは「ヤッホーポイント」。



ya-ho-

対岸の山に向かって「ヤッホー」と叫ぶと・・・。なるほど、やまびこが返ってきました。きれいなやまびこのためにはビシッとした「ヤッホー」の発声が必要です。現代の日常生活でこんなに深く息を吸って、大声を出すことはないですね。きれいな空気を吸って、吐いて、お腹から声を出して、何だかスッキリ。



trees
goal


風を感じ、鳥の声を聞き、自然を直に感じられる自転車の旅。カフェでスイーツを楽しむのはもちろん、カメラに収めたいきれいな景色や可愛いお花などに気がついたら、気軽に寄り道ができるのも自転車ならではの楽しみですね。
ツアー催行は5名から。レギュラーコースのほか、温泉に入ったり、川遊びをしたり等々、参加者の希望に合わせたカスタマイズ型のオーダーコースもあります。「お見合いCafeチャリ」など、イベント型のツアー企画も。詳しくは「ものべがわCafeチャリ」のホームページをチェックしてみてくださいね。

文/写真 こうち女子旅プロジェクト
 

「ものべがわCafeチャリ」のお問い合わせ
株式会社わらびの(TEL 070-5513-0611
http://waravino.com/


このページのトップ

(公財)高知県観光コンベンション協会 このホームページに掲載している写真、情報などの無断転載を禁じます。
Copyright © Kochi Visitors & Convention Association All rights reserved. Japan.