HOME | Colorful! 100色こうち旅

Colorful! 100色こうち旅

タイトル

キラキラまぶしくて、潤いがあって。海辺の水しぶきのような歌声を届けてくれるシンガーソングライター丸本莉子さん。
地域活性プロジェクト「TAN-SU」の専属ミュージシャンとして活躍し、全国を訪ねてその土地の自然や人との出会いを音楽で表現する彼女が、こうち女子旅プロジェクトに応援ソング「がんばる乙女〜Happy Smile Again〜」をプレゼントしてくれました。

※こちらからお聴きいただけます

丸本莉子さんにショートインタビュー

高知県にようこそ。訪れたときの印象はどうでしたか?
とにかく、太平洋が一番印象に残っています。
広島出身なので、海といえば瀬戸内海。太平洋って、どこまでもどこまでも行けそうな気持ちになりますね。それと、女の子が話している土佐弁が可愛い。「ちゅう」とか「き」とか、語尾がいいですね。
女子旅はよくされますか?
最近は女子旅してないなー。でも、旅行は好きです。
いったことのない場所を訪れるといろいろなものが新鮮に見えて、開放感にひたれますよね。
「がんばる乙女〜Happy Smile Again〜」タイトル通り元気をもらえる音楽ですね
ありがとうございます。
人を元気づけられる応援ソングを作りたいといつも思っています。でも、あまり「頑張れ頑張れ」というのは好きではないので、私がかく歌詞のストーリーに共感してくれて、頑張ろうって思ってもらえるのが理想です。薄っぺらな歌詞にならないように私自身の経験とうまく重ねていこうと心がけています。
こうち女子旅応援ソングにはどんな思いを?
この曲を作るにあたって3回に渡って高知を訪れました。
室戸岬で見た空と海、沈下橋の上で感じた空気と澄んだ水の音。高知の自然の力とか、人の温かさとか、伝えられたらいいな。
女の子はいろいろ悩みもあって、ストレスもあって。それを弾けさせて、開放されるのが旅だと思うんです。高知には自然と美味しい野菜や魚。女子を癒してくれるものがいっぱい。ぜひこの曲にのせて、たくさんの女子に高知を訪れて欲しいと思います。

※こちらからお聴きいただけます
<プロフィール>

―― 普通そうで普通じゃない。印象深い声という楽器に恵まれた、普段使いの歌の作り手。――


広島出身のシンガーソングライター。


音楽好きの両親の影響で、物心つく頃から歌が好きではあったものの、自身の声にはコンプレックスを持つ。それでも歌が好きだという気持ちが上回り歌い続けるなかで、次第に音楽と向き合うようになっていく。
高校2年頃からギターの弾き語りを始め、オリジナル曲も作るようになる。
高校卒業後は介護の仕事をしながら、ライブを中心に活動。2年後、仕事先の人のアドバイスもあり、プロを目指して上京することを決意する。
その直前に広島のテレビ局から『雨のち晴れ』という番組の主題歌の依頼を受け、上京直後に制作に入る。のちにメジャーデビュー曲にもなる『ココロ予報』は、このとき完成。またこの曲を聴いた広島県安芸太田町から、町のサポートソングを依頼されて楽曲を制作。『ココロ予報』を足がかりにテレビ番組、CM、キャンペーンソングといったタイアップ曲を数多く手掛け、インディーズ時代に全国300か所以上を歌い歩き、幅広い層のリスナーを獲得する。


ハイレゾ先行配信を行ったメジャーデビューシングル『ココロ予報』は、「VICTOR STUDIO HD-Music.」「mora」「e-onkyo music」の初日デイリーチャートですべて第1位を獲得。新人としては異例の3冠を達成し、早くも注目を集める。

http://marumotoriko.com/

文/インタビュー こうち女子旅プロジェクト 野戸昌希

このページのトップ

(公財)高知県観光コンベンション協会 このホームページに掲載している写真、情報などの無断転載を禁じます。
Copyright © Kochi Visitors & Convention Association All rights reserved. Japan.