足摺岬で360°の夕焼けに包まれる!船上サンセットクルーズ

2016 年 01 月 07 日 更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • まあるい水平線に沈む夕日に感動。
  • 激レア「だるま夕日」に君は会えるか!?
  • 古代人からのメッセージ? 巨石群のナゾ。

まあるい水平線に沈む夕日に感動。

四国最南端の地として知られる足摺岬(高知県土佐清水市)。太平洋に突き出た展望台に立てば、270°という超ワイドビューの絶景に包まれる。

そんな足摺岬でサンセットクルーズが体験できるという。「サンセットクルーズといえば豪華客船、そこに豪華ディナーが用意されているに違いない…」と期待に胸を膨らませていると、出迎えてくれたのは釣り客を磯に送迎する渡船であった。

黒潮が接岸する足摺岬周辺は、釣りファンにとっては垂涎のパラダイスなのだ。エクストリームすぎる意外性である(船上ディナーはないが、クルージング後にホテルに豪華夕食が用意されていたのでご安心されたし)

20160107sunset02.jpg

※こちらの画像はイメージとなります

屋根のないデッキ部分に乗せてもらうため、1時間ほどの乗船時間は〈優雅なクルージング〉というより〈豪快なアドベンチャー〉に。イエス、エクストリーム! お子様は大興奮であろう。

360°、見渡す限りの水面が夕日に照らされる。遠く後ろには、足摺岬の荒々しい断崖に巨大な洞窟群、波をかたどったかのようなダイナミックな岩たち。遮るもののない海原で眺める夕日はやがて、まあるい水平線に落ちていく…。

「あぁ、私たちって地球という丸い惑星の上に住んでいるんだなぁ…」と、自然の雄大さを前に、ロマンチックかつ謙虚な気持ちに。日頃の悩みなど小さく感じられるというもの。

さらにこの季節は、気象条件が揃えば、珍しい「だるま夕日」を拝める場合もあるのだとか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブロガーによる体当たりレポートを紹介します!