高知の食文化

高知の食文化の根源は「おきゃく」にあり

 高知では宴会、酒宴のことを「おきゃく(お客)」と呼びます。五穀豊穣を祝う神祭(じんさい)やお祝い事があると、「皿鉢」と呼ばれる大皿にごちそうを盛りつけ、お酒を用意し、朝から晩までどんちゃん騒ぎ。老いも若きも、子どもや通りすがりの人でさえ、誰でも参加でき、3日3晩飲み明かす地域もあったとか。
 おきゃくに欠かせない皿鉢料理は、生(=刺身)と組み物(=お寿司やおかずの盛り合わせ)の主に2種類。生の皿にはその土地の魚、カツオ、マグロ、鯛、サバ、アジなどの刺身が、組み物の皿には姿寿司、煮物、焼き物、揚げ物、デザートのフルーツや羊羹までも盛りつけます。食べたいものをたくさん盛って、わいわい楽しく皿鉢を囲む、このフリースタイルが皿鉢料理の醍醐味なのです。

ひろめ市場
澤地

新しい食の遊び「ひろめ市場で皿鉢パーティ」

 皿鉢料理は一見さんお断りというわけではないものの、高知の郷土料理の筆頭格として語られる皿鉢料理を旅行者が目にする、味わう機会はあまり多くありません。最近ではお一人様用の皿鉢料理を提供している飲食店もありますが、実はもっと手軽に、気軽に皿鉢料理が楽しめる場所があるんです。
 高知のグルメをはじめ、多種多様な料理が食べられるアジアン風屋台、ひろめ市場。ここに大皿(プラ皿でもOK)を持ち込んで、いろんなお店で買った料理を盛りつけてみよう! 豪快なカツオのたたき、サバの姿寿司、ミョウガやリュウキュウの田舎寿司、川エビのから揚げに、青さのりのてんぷら、どろめに、酒盗、チャンバラ貝。中華料理やインド料理など多国籍な料理を載せた一皿も楽しい。
 肩肘張らない皿鉢に自然と人が集まり、土佐のおきゃくがはじまります。

高知のおきゃく
食べるならココ!
たのしい高知