発見!高知の新定番グルメ

梨の王様 【新高梨(にいたかなし)】

新高梨(にいたかなし)

ひときわ目立つ大きな梨、それは新高梨。大きいものは重さ1kg、直径20cmを越えるほどに成長する大玉品種で、糖度も高いことが特徴です。シャキシャキっとした歯ごたえに、芳醇な香り、甘い果汁が口の中にあふれます。見た目も味も、まさに梨の王様。
高知県で生産される梨のうち新高梨の割合は圧倒的で、梨の栽培が盛んな他県と比べても顕著です。まさに新高梨は高知県を代表する梨です。県内の産地ではよく熟すまで木で実らせて出荷するので特に甘く、お店で買ったその日が食べ頃。
主な産地は、高知市針木地区と佐川町黒岩地区。毎年9月の終わり頃から出荷がはじまり、旬は10月〜11月頃と長くはありませんから、見かけた時が購入のチャンス! 高知が誇る新高梨をぜひご堪能ください。


どこで食べる?

産地の周辺には梨の直売所が立ち並び、まるで梨街道。県内の果物店や、日曜市などの街路市にも並びます。上物は1玉数千円とお値段も上等ですが、規格外のものなどお手軽なものも並んでいます。

味わい色々

産地や生産者、出荷時期によって、新高梨の味にも違いがあるので、食べ比べがおすすめ。また、お菓子やケーキ、ゼリーなどにも使われています。高知市針木のブランド梨「まるはり」は、お酒にもなっているんです。