発見!高知の新定番グルメ

龍馬も愛した純血シャモ シャモ(軍鶏)鍋

高知の冬のごちそうと言えば、高知県産の純血シャモ鍋。肉はほどよい歯ごたえで旨味が凝縮していて、スープはコクがあるのにまろやかで、ごくごく飲み干してしまうほど。
司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』にも登場する軍鶏鍋は、古くから日本人に愛されてきた冬の味。坂本龍馬が暗殺される前に丁稚に買いにいかせたと言われるシャモは、今も「龍馬が愛した味」と伝わります。
高知県には闘犬のようにシャモを戦わせる闘鶏があり、負けたシャモを食べる習慣がありました。他県では飼育しやすくするため他の種と交配させたシャモが多いのですが、高知県南国市では「龍馬が愛した味」にこだわり、純血のシャモを飼育しています。「ごめんシャモ研究会」では、高知産のケールやお米などを飼料にし、他の鶏よりも長い6か月間大事に育て出荷されています。


【旬】

通年を通して出荷されるため、季節を問わず食べることができます。


【食べ方いろいろ】

ダシがよく出るシャモはお鍋料理が一番。関西風の薄口醬油を合わせたり、関東風に濃い口醬油を入れたり、甘めの割り下を入れてすき焼き風にしてもおいしくいただきます。高知の冬の食材葉ニンニクとの相性も良く、ニンニクの香りに食欲をそそられます。


【ツウな食べ方】

ムネ肉とモモ肉の食べ比べがおすすめ。ムネ肉は柔らかい食感で上品な旨味、モモ肉は弾力と濃厚な旨味の両方が味わえます。お鍋の具材は、大根やニンジン、ゴボウなどの根菜類やこんにゃくが合口です。


【シャモ(軍鶏)鍋を提供するお店はこちら】

※この情報は、高知県観光コンベンション協会賛助会員及び「高知家の食卓」県民総選挙歴代選抜店舗を対象として作成しています。
店名 住所 電話番号 備考
居酒屋大吉 高知市帯屋町1-15-13 088-825-2632  
居食倶楽部 旬屋 高知県高知市大川筋1-3-39 土佐建材ビル1F 088-824-0248  
お料理とおもてなし 八金 高知市帯屋町1-2-15 植野ビル2F 088-824-8895 要予約
活・いけす料理 居酒屋まことや 高知市廿代町6-8 ホワイト館1F 088-871-2233 要予約
喰多朗 高知店 高知市廿代町6-27 088-824-2811  
しゃも料理 [軍鶏伝] 高知市帯屋町2-3-1 ひろめ市場内 088-855-5815  
酒菜 浪漫亭本店 高知市追手筋1-3-23 088-873-0137  
酒亭 蓮 高知市九反田7-19 088-884-3135 要予約
新鮮土佐料理とさ市場 高知市はりまや町1-3-11 088-872-0039  
得月楼 高知市南はりまや町1-17-3 088-882-0101 要予約
土佐料理こうちや 高知市帯屋町1-9-24 アネックスビル1F 088-822-1278 要予約
土佐料理土佐っ子 高知市追手筋1-5-9 088-823-2101  
びっくりどり 愛宕本店2F別館 高知市愛宕町1-3-19 2F 088-871-6668  
料亭 濱長 高知市唐人町6-6 088-884-0080  
レストラングドラック 南国市明見933 088-863-2161  
ろばた焼 仙樹 高知市大川筋1-3-47 088-823-7769 要予約