第36番札所 独鈷山 伊舎那院 青龍寺  だい36ばんどっこざん いしゃないん しょうりゅうじ

青龍寺1

第36番札所 独鈷山伊舎那院 青龍寺

弘法大師が恩師を偲んで開基したと伝えられる。本尊は波切不動明王で漁民の信仰が厚い。本堂から約500m南方(海側)には、奥の院があり、森厳な行場として信仰を集めている。

弘法大師が、唐から日本に帰国する際、真言密教の奥義を授けてもらった青龍寺の恵果和尚の恩に報いるため、「約束の地に飛んで行け」という願いをこめ、東の空に独鈷を投げた。
帰国後、この地の老松に独鈷が刺さっているのを見つけ、建てたとされている。

所在地
〒781-1104 土佐市宇佐町竜163
お問い合わせ

電話:088-856-3010
ホームページURL
http://www.city.tosa.lg.jp/
施設設備
[宿坊] なし


四国八十八ヵ所めぐり 青龍寺


ドライブルート案内

周辺の観光スポット

特集