第35番札所 醫王山 鏡池院 清瀧寺  だい35ばんふだしょ いおうさん きょうちいん きよたきじ

清滝寺1

ご本尊は厄除け薬師如来

723年(養老7年)行基が自刻の薬師如来を安置して建立したのが起こり。後に空海が四国霊場に定める。本尊の薬師如来立像は国指定の重要文化財。寺宝に、県指定文化財の銅造鏡像4面がある。(真言宗豊山派 山号:醫王山)

弘法大師空海がご修行のおり、満願の日に金剛杖で壇前を突くと清水が瀧のように湧き出して鏡のような池になったことから、醫王山鏡池院清瀧寺と名づけたと伝わる。
境内には、大きな薬師如来立像があり、台座の中の「戒壇めぐり」をすると厄除けのご利益があるといわれている。

所在地
〒781-1104 土佐市高岡町丁568-1
駐車場
無料
普通車20台
交通アクセス
高知自動車道土佐ICから、車で10分
JR土讃線伊野駅下車、タクシーで20分
とさでん交通「高岡高校通」下車、徒歩40分、タクシーで10分(2.8km)
お問い合わせ
清瀧寺
電話:088-852-0316
Fax:088-852-0035
ホームページURL
http://www.city.tosa.lg.jp/


四国八十八ヵ所めぐり 清滝寺


ドライブルート案内

周辺の観光スポット

特集