第29番札所 摩尼山 宝蔵院 国分寺  だい29ばんふだしょ まにざん ほうぞういん こくぶんじ

国分寺1

四国第29番霊場 土佐日記ゆかりの地 土佐国分寺

天平13年(西暦741年)聖武天皇の勅願により僧行基が開創。天下泰平等を願う祈願所として金光明四天王護国之寺と呼ばれてきた。後に弘法大師(空海)が中興し、四国八十八ヶ所霊場となった。
土佐日記の作者、紀貫之が国司として滞在した地として知られ、戦国時代の長宗我部氏、江戸時代に入り山内藩主より寺領が与えられ伽藍が維持されて来た。
境内全域が国の史跡。金堂・梵鐘・木造薬師如来像2体が国の重要文化財に指定。

所在地
〒783-0053 南国市国分546
開設時間
9:00〜16:00
料金
宝物拝観300円
駐車場
無料
普通車50台
交通アクセス
高知自動車道南国ICから、車で3分
JR(or土佐くろしお鉄道)土讃線後免駅からとさでん交通バス領石行きで約10分、国分寺通下車、徒歩約5分
とさでん交通バス国分寺通下車、徒歩5分 とさでん交通バス国分通下車、徒歩15分。
お問い合わせ
国分寺
電話:088-862-0055
Fax:088-862-0056
ホームページURL
http://www.tosakokubunji.org/index.html


四国八十八ヵ所めぐり 国分寺


ドライブルート案内

周辺の観光スポット

特集