谷干城生誕地(四万十町)  たにたてきせいたんち

西南戦争で西郷軍から熊本城を守り抜いた将

四万十町恵美須神社の横にある自然石の碑。昭和9年(1834年)谷将軍銅像建設会が建立した。谷家は代々神道家・国学者の家で、その先祖には南学中興の祖の谷秦山がいる。干城はこの地に生まれ、一時高知城下の小高坂に居をかまえたが、再び窪川に移った。しかし弘化3年(1846年)には父と共にまた小高坂に帰る。現在、高知市西久万に谷干城邸跡としてあるのは明治2年(1869年)12月に移転したもの。

所在地
〒786-0005 高岡郡四万十町本町
料金
無料
休日
無休
駐車場
交通アクセス
高知自動車道四万十町中央ICから、車で10分
JR須崎駅下車、徒歩10分
四万十交通バス「福祉センター前」下車、徒歩1分

ドライブルート案内

周辺の観光スポット

周辺のパスポート施設

特集