牧野富太郎像  まきのとみたろうぞう

日本の植物分類学の父

高知県に生まれ、日本の植物分類学を独力で切り拓いた植物学者・牧野富太郎。その業績を顕彰するため、博士逝去の翌年、高知市の五台山に開園した植物園内に銅像が建っている。幼少より植物に親しみ、小学校中退後の人生を独学による植物研究に捧げた富太郎は、95年の生涯の晩年まで現役であり続けた。彼が採集した標本は60万点、命名した植物は2500余である。

所在地
〒781-8125 高知市五台山4200-6
料金
無料
駐車場
無料
大型8台、普通車195台
交通アクセス
高知自動車道高知ICから、車で20分
MY遊バス「牧野植物園正門前」下車すぐ
お問い合わせ
高知県立牧野植物園
電話:088-882-2601

ドライブルート案内

周辺の観光スポット

特集