長谷寺の梵鐘  ちょうこくじのぼんしょう

「長谷寺禅寺」・・・槇牧山平等院長谷寺(しんぼくざんびょうどういんちょうこくじ)と言い、臨済宗妙心寺派の末寺で、本尊は十一面観音。
 伝説によれば、神亀4(727)年、行基によって開かれ、はじめ物部村中津尾(現香美市物部町)にあり、のち芸西村に移り、さらに現在地に移転してきたものといわれ、もとは吸江寺に属した。
 明治4(1871)年廃寺となったが、同12年大修理を加え、同16年3月再興した。現本堂は、貞享2(1685)年住持如珊の再建である。

所在地
〒781-5614 香南市夜須町羽尾[はお]マキジ783 長谷寺
お問い合わせ
香南市教育委員会生涯学習課
電話:0887-57-7523
ホームページURL
http://www.city.kochi-konan.lg.jp/kanko/
備考
寺は香南市史跡、地蔵菩薩像は香南市保護有形文化財、梵鐘は高知県保護有形文化財に指定([指定] S60.4.2)されている。

ドライブルート案内

周辺の観光スポット

周辺のパスポート施設

  • 香美市
特集