高知県立美術館春の定期上映会「韓国映画界 異端の天才 韓国の怪物 キム・ギヨン監督特集」  こうちけんりつびじゅつかんはるのていきじょうえいかい かんこくえいがかい いたんのてんさい かんこくのかいぶつ きむ・ぎよんかんとくとくしゅう

「韓国の怪物 キム・ギヨン監督特集」チラシ 「下女」

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
開催日が延期となりました。
詳しくは詳細リンク先からご確認ください。 

韓国映画界の怪物とも異端の天才とも称されるキム・ギヨン(金綺泳)監督作品を、一挙に10本(+習作1本、全編音声欠落作品1本)を上映します。
 当館では、1998年に「異魚島」「肉体の約束」「破戒」の3作品を、2003年に「下女」「死んでもいい経験」の2作品を上映しました。その余りに強烈な表現に打ちのめされて以来、同監督作の紹介を模索してきました。その結果、2019年の生誕100年を機に、年末の東京を皮切りに、名古屋、大阪、神戸、京都、高知での、日本では過去最大の特集上映が実現しました。
  最高傑作と言われる「下女」、衝撃作「異魚島」を始め、「虫女」「水女」「火女‘82」などの女シリーズ、戦時中日本軍に徴用された青年を描く「玄海灘は知っている」、韓国版「楢山節考」ともいえる「高麗葬」など異様な傑作10本に加え、デビュー作「屍の箱」、習作「私はトラックだ」を特別上映します。
 2019年韓国映画で初めてカンヌ国際映画祭パルムドール、2020年米アカデミー賞では英語以外の作品で初めて作品賞を受賞した「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督が影響を受けたと語るキム・ギヨン監督の世界を是非この機会にご堪能ください。

開催日時
7月26日(日)/8月1日(土)/8月2日(日)
開催場所
高知県立美術館ホール 高知市高須353-2
料金
1プログラム券 当日のみ1,000円
駐車場
無料
142台
交通アクセス
JR高知駅から約20分。高知龍馬空港から約25分。高知自動車道南国インターから15分。高知インターから10分。
JR高知駅下車、「はりまや橋」からとさでん交通路面電車「ごめん」、「領石」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車徒歩5分
○とさでん交通バス「高知医大線」・「県立美術館前」下車徒歩5分
○とさでん交通バス「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車徒歩5分
○高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車徒歩約16分
「はりまや橋」からとさでん交通路面電車「ごめん」、「領石」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車徒歩5分
お問い合わせ
高知県立美術館
電話:088-866-8000
Fax:088-866-8008
E-mail:museum@kochi-bunkazaidan.or.jp
詳細リンク先
https://moak.jp/event/performing_arts/post_323.html


Facebook


Twitter


イベントカレンダー
2020年6月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
2020年7月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31