どろめ&のれそれ  どろめ&のれそれ

希少な食べ物!!

どろめは鰯(いわし)の稚魚、のれそれは穴子の稚魚。どちらも鮮度が落ちやすく地元でしか食べられないことから珍重されている。生のまま酢味噌や三杯酢として食べるのが一般的。つるんとした食感と磯の風味が病みつきになるはず。

旬:どろめ9月〜6月、のれそれ12月〜5月

リンク
サカナチカラコウチカラ≪まるごとネット≫
高知の魚を様々な角度で紹介。飲食店の情報も有り。
食べるならココ!