お正月は秘境温泉 畑山へ。

happy01皆さん、こんにちはhappy01

前回投稿の ”晩秋の四万十風景”、 いかがでしたかhappy01sign02

今日は、しっぽのご紹介、ふた旅目。

お正月は0102の日に、高知県東部・安芸市に行って来ましたbaseball。安芸市は、プロ野球チーム・タイガースのキャンプ地で有名なところですbaseball。昨年は、大河ドラマ”龍馬伝”の放送があり、ここ安芸市は、三菱財閥の創設者である 「岩崎弥太郎氏の出身地」 という事で、大河ブームでしょうか、より有名になりました。

今回は、弥太郎像に、弥太郎生家を見学、お正月の寒い季節は温泉spaに入りたくなる しっぽの”おでかけブログ”です。

この迫力heart04に、この晴天sun。思わず胸が高鳴り、何枚もシャッターを押してました。デジカメって本当に便利ですよね、camera旅の必需品camera、撮りたいだけ撮って、後でゆっくりお気に入りをチョイスですheart04

じゃぁ〜んsign03   shineshineshineshine ”弥太郎参上”shineshineshineshine

初めて、弥太郎の生家へも行ってきました。弥太郎像周辺もそうでしたが、新年早々とは思えない程、多くの人で賑わっていましたhappy01

生家前にあった案内板も撮影してみましたcamera。綺麗に文字、見えるかなぁsign02

生家はとても立派な造りで、床の間・中の間・奥の間と、部屋数も多く、家の裏には、三菱財閥の家紋がある”蔵”もありました。こちらの施設は無料開放されているのですが、とっても綺麗に整備されている事にも感心しましたheart04

さてさて、食いしん坊のしっぽhappy01 弥太郎生家前で、可愛い雰囲気のショップを見つけました。

弥太郎さんのお名前の一文字 ”や”を〇で囲んで、cakeまるやカフェcakeというお店です。

こういう手書きの小さな紹介も、見逃さない! happy01しっぽhappy01

さっそく、パクパク lovelygood lovelygood lovelygood 。 いやぁ〜、ヒットしましたlovely。予想以上の美味しさ、全粒粉のツブツブ感にモチモチ感、濃厚なチョココーティングが最高でしたlovely

ショップには、土佐の偉人をパッケージにしたお土産から、

土佐の伝統工芸 ”土佐和紙”を利用した新商品まで、数多いお土産が並んでいましたhappy01

しっぽは、”有光酒造の酒粕”を購入。 bottle体に良い酒粕スープを作るのですbottle

さてさて、今回のおでかけ もうひとつの目的spa畑山温泉spaへ向いますrvcar。秘境と言われるだけあって、安芸市の山間部を走る事、数十分、ずっとずっと続く ”くねくねの山道”で・・・

途中では看板も見当たらず、携帯電話の電波も入らなくなり、少し不安も感じたり・・・

でも、山道に沿って流れる”川”は美しく、

sign02 何sign02 と、車を止めては、

カメラ片手に車外へ

外の澄んだ冷たい空気は、今の季節限定!。寒いなんて言ってられないです 何度も味わいました

1時間位、走ったでしょうか。畑山温泉へ 到着です

のどかな風景に、館内は、何十年前かにタイムスリップしたかのような、懐かしい気持ちになりました

畑山温泉さん ご紹介 http://hatayamamura.jp/onsen/

透明のお湯で、お肌が”つるつる”になる泉質は、体の芯まで温まります

少し遅めのランチは、もちろん”土佐ジロー”を使ったお料理で

土佐ジロー発祥の地、畑山でいただく初のお料理は、シンプルに”親子丼”にしました。見ってください!、この黄身の濃い色!。お味は、今思い出しても、お腹がグゥ〜っと鳴っちゃいそうな位、美味しかったです。畑山温泉さんは、宿泊も出来るそうなので、次回はぜひ、1泊で山間の自然を満喫したいと思いました

後ろ髪を引かれながら、帰路に着きます。

安芸市から高知市内へ、芸西村にある ”坂本龍馬の妻 お龍と妹の君枝像” も見学しました。水平線に向って建つ 像の視線の先に目を向けると・・・

雄大な太平洋”土佐沖”に夕日が沈んで行きました。

東西に長い高知県、旅行好き・おでかけ好きのしっぽは、西に東にとおでかけしますが、今回ご紹介した畑山温泉さんは、しっぽも初体験でした。 高知県東部へ ご旅行計画中の皆さんに、お薦めしたい場所がひとつ増えました

それでは・・・ しっぽのおでかけブログ ”お正月は秘境温泉 畑山へ”は、この辺でおしまい

見てくださって、ありがとうございました

▲このページの一番上へ戻る