最新記事
最新コメント
プロフィール

高知の旅と出会い  [2009年12月19日(土) ]
高知の旅での出会い

普段は東京で仕事を持ちながら主婦業をこなしている毎日で、
年に幾度かの旅を楽しみにしています。
高知は昔よりずっと行きたいと思いつつも、なかなか行くことの出来なかった場所でした。
たまたま趣味を通じて知り合えた友人の故郷が高知ということもあり、
彼女と連絡を取りつつ旅のプランを組み立ててみました。

目的の地は龍馬に所縁の深い桂浜、イルカと触れ合えるドルフィンセンター、
室戸岬からのだるま夕日と、ちょっと季節はずれですが、
海とのふれあいをメインに2泊3日の旅をはじめました。
この旅は初日から天気にも恵まれ、
はじめて飛行機から富士山を見下ろす最高のフライトでした。

羽田から約1時間30分で高知龍馬空港へ到着!
空港には友人が車でお迎えに来てくれて久しぶりの再会に会話も弾みます、
車で走ること30分ほど、まずは第一の目的地桂浜へ到着!
ここで高知名物「帽子パン」と「いも天」を彼女から渡され、軽くお昼です。

海を見ながら食べた味は最高に美味しかった!(^^)!
その後、いよいよ坂本龍馬に会いに!運よく本日まで「龍馬に大接近」をやっていたので
とても近い場所から龍馬さんの横顔を眺め満足しつつ浜辺をぶらぶら歩き

キラキラと透明な海に心が癒されました!

そして、ココではもう一つの名物、どことなく懐かしい味のアイスクリン
を食べながら桂浜を後にしました。

夕方になり市内に戻って、高知の特産品を集めたひろめ市場は日曜とはいえ混んでいました。
まずはカツオのたたき専門店の明神丸で、たたき(タレと塩)を注文し生ビールでカンパ〜イ
さすが専門店だけあり美味しかったー!!かるく飲んだ後、高知城まで散歩しました。
ひろめ市場から高知城までキャンドルとライトアップで、すてき・・・なのです。
上では、あたたかいお茶のサービスまでありましたよ。

そして二件目 地元でも有名なお店
ここはお刺身はもちろん、お通しに出てきた地元の味チャンバラ貝が最高に美味しい。
お通しの他にさらに注文しちゃった
身が柔らかく、くるっと取り出せてパクっと食べられます。

高知だけではなく四国の太平洋側でよく食べるらしいです、はじめて食べたけどすっかりファンになりました。

次 三軒目 屋台餃子です。(まだ食べるか!)ここで友人とはしばしの別れ、
今日一日で、食べまくり〜飲みまくり〜でとっても満腹で満足な一日でした。
海とのふれあいと言うより海産物とのふれあいになってしまってる(汗)


2日目
朝はやっぱり寒い・・・と思いつつカーテンを開けたら高知城が見えた。
今日も晴れるかな
ホテルの朝食を食べ早速出発!
路面電車に乗り、高知駅まで行き「ごめんなはり周遊券」を買う
ホームに着くと、あのアンパンマンで有名なやなせたかしさんデザインの電車がお出迎えしてくれました。
やなせさん高知の出身なんですね、
キャ~ めっちゃ かわいい・・・クリスマスバージョンの飾り付け
海側の席に座り、出発!!
ウキウキしてたのが分かったのか、反対側の窓側に座っていた感じのいい年配の女性に声をかけられ、
しばしの雑談で地元の情報を色々教えて頂きました、
このあと彼女は室戸の実家に行くらしく、安芸駅のぢばさん市場で買い物して行くからと別れました、
奈半利駅で電車を降りると目の前に「モネの庭」行きのバスが止まっていたので、
目指すはドルフィンセンターだけどまだ時間もあるし、先ほど電車で知り合った彼女が
「奈半利駅からだと、モネの庭なんか見ていくといいわよ!」っとすすめてくれたのを思い出し乗り込んだ。
乗車したのは私だけ、すぐに出発しモネの庭までは10分程度、貸切でした・・・
歩くと1時間ほどかかるらしいので帰りのバスをチェックし受付けへ
この時期だけはお花が咲いていないので、なんと無料なのです。っと言うことで早速散策に!
園内は意外と奥が深く、しかも人がいない・・・いるのは作業中の方がちらほら
でも歩くこと30分ほど気持ちの良い場所発見!わぁ〜とっても眺めが良いし海が見える
おまけに紅葉も抜群にきれい  来てよかった・・・私だけの場所
ここでは鳥の声と風の音だけが聞こえ  しばし放心状態

気が済むまでここでゆっくり時間を過ごし、ひととおり歩きまわり帰りのバスを待つことに。
しかし15分も過ぎても巡回バスが来ないので、受付の方に連絡を取ってもらうことにした。
(遅れているだけかな?)・・・
すると自家用車がバス停の前に止まり、女性が・・・
「ごめんなさいね、社長の勘違いかわからないけど、連絡がとれなくて。」
駅からの室戸行きバスはもう行っちゃったから、これからそのバス追っかけるわね!っと急いで走らせてくれた。
しかし、バスに追いつく気配なく・・・
その奥さんは「これもなんかの縁だから」っとドルフィンセンターまで送ってもらうことになった!
1時間ほどだが、車内ではこの辺りの情報や楽しい話、思いのほか楽しくドライブが出来た。
乗せて頂いて申し訳ないので、奥さんの分のチケットも買って、一緒にイルカを楽しんでもらった。
そうそう、ここのイルカちゃんは2頭両方とも、女の子!とっても頭が良く、人に興味があるらしく
近寄って来てくれるの!かわいいよ〜 見てるだけで癒されるね!
その後彼女は帰り、私ひとりに・・・
こんどは私だけの為に手を振ってくれたり、ジャンプやターンまでしてくれた。とっても感激!!
とても地味?な場所にあるけど、たっぷり楽しませて頂きました。来てよかった。

後ろ髪を引かれつつドルフィンセンターを後にバスの停留所を探し、時刻表を見ると、次は一時間待ち・・・(‘_’)
仕方ない、ひとりで迷子ごっこをすることに。(知らない場所で楽しむ遊びです)
ちょっと裏に入ると、とっても狭い道、すこしの不安を覚えつつ・・・通り抜けられた。
そんな感じでどんどん歩いていると、
「道に迷ったのか?」と、おばぁちゃんに心配そうに声をかけられ、
ちょっと探検しているだけなのに、迷子ごっこですとは言えず照れました、
なんて、ココの人達はやさしいのでしょう。
そうこうしているうち、バスが来てホテルまでは10分ほどで着いた。
チェックインを済ませ、今日の最終目的!だるま夕日!!
けど雲がかかっているから見えるかな〜、あきらめず夕日が見える場所まで歩く。
室戸岬は海岸線に沿って遊歩道が続いているので、とてもいい散歩コースなのです。
海を見ながら夕日が真正面に見えるところまで30分、
すると雲が次第になくなり、空は真っ赤に焼けてきた。もしかして・・・とひそかな期待
しかしやっぱり難しい(だるま夕日)にはならなかった・・・

でもこの場所で太陽が海に沈んで行くのが見られてとっても感激しました。地球丸っ!
素晴らしい夕日を見ていたら、なんだか涙が出てきましたよ〜。

さーてホテルにもどって、お風呂で一日の疲れをとろ
この時期は観光客も少ないので、大浴場私の貸切でゆっくりできました。
お外の展望ジャグジーも、当然ひとり占めです。
でも、ココは海洋深層水なのであまり長湯すると、のぼせるらしい。

あぁ〜いいお湯だった!
夕食にビールでも飲んで、明日はだるま朝日を見よ!っと。
部屋からは朝日が見えるらしいので、おやすみなさい・・・


朝6時
まだ暗いです、今日は見えるかな・・・
日の出の時刻は6時58分
だんだん空がしらじらして、太陽が顔を出してきました。
えっ あれかな?っと見ているうちに、一瞬!
見えました。だるま朝日
確かに見えました、でも一瞬の出来事です、ヤッター!今日も良いことあるかな

あっというまで今日は帰る日・・・
お土産を買って、ゆっくり高知での余韻にひたる事にしました。
まず 安芸駅にある「ぢばさん市場」に!
ココはとても魅力的な品物ばかり、地元のお母さんががんばってる感じがします、
名産の文旦とかゆずとか柑橘類を色々買っちゃいました。

ゆっくり買い物してたら時間が無くなり、次に急ぎ足でとはりまや橋とからくり時計を見て、
牧野植物園でランチをして、飛行機に乗りバタバタと高知を後にしました・・・

今回の旅は時期が時期だけに観光の人が少ない分、のんびり贅沢に過ごせた休日になりました。
どこでお会いした地元の方々も、私のような見知らぬ旅人にとても優しく、親切です。
お遍路さんとの付き合いや、きれいな海と山々の、この環境が人を温かくしてくれるのでしょう。
こんな環境で育った坂本龍馬は、やはり人に好かれるはずだわとあらためて思いました、
今度はもっと温かい時期にも訪れて、違う顔の高知も見てみたいと思いました。
レポート最後まで読んでいただきありがとうございました。
  Posted at 17:43 | | この記事のURL | コメント(0)
コメント