人生で出会える人は日本人の平均で3000人だそうで、
地球上に住んでる人が仮に60億人とすれば、
60億分の3千は200万分の1という計算になります。
ということは残りの1.999.999の人とは
物理的に出会うことができないということです。
なので実に限られた人としか出会えないということですから、
今まで出会った人も、これから出会う人も、旅先で出会う方も
縁があっての出会いですから、大切にしたいと思っています。

旅が大好きで日本の素晴らしさをあらためて感じる今日この頃です。

最新記事
最新コメント
ガッツ
高知人の心に触れた旅 (2009年12月11日)
waka
高知人の心に触れた旅 (2009年12月11日)
naoh
高知人の心に触れた旅 (2009年12月10日)
ちーすけ
高知人の心に触れた旅 (2009年12月10日)
ひらひら
高知人の心に触れた旅 (2009年12月09日)
テル
高知人の心に触れた旅 (2009年12月07日)
林・西村
高知人の心に触れた旅 (2009年12月07日)
おーちゃん
高知人の心に触れた旅 (2009年12月07日)
ラテオジ
高知人の心に触れた旅 (2009年12月07日)
竹内 
高知人の心に触れた旅 (2009年12月06日)
プロフィール

『たつやの感性見聞録』
というブログを3年半前から続けています。
旅が大好きで、観光地でなくても隠れた素晴らしい文化や歴史を感じることと、
旅先での出会いが自分の楽しみです。

自分の心の琴線に響いたことを、紹介しています。
日本の素晴らしさを伝えることができたなら
幸せに思います。

プロフィール

略歴

略歴
1959.7.29 福井県鯖江市に生まれる。
1969〜1976 父からインスタントカメラを貰う。大阪万博でパビリオンなどの建物の写真を撮り始める。小学校6年生のときに、初めてのひとり旅。とはいえ、鯖江から横須賀の叔父の家まで電車を乗り継いで行った。この出来事が自分の自信になった。 蒸気機関車に魅せられ、福井県内、京都、能登、山陰など撮影の旅。自分の中学校卒業式を早退し、念願の北海道SL撮影ひとり旅。この頃、本格的一眼レフカメラを父に買ってもらい、現像やプリントは自分で始める。
1979〜1983 自動二輪免許取得。憧れのライダーになる。YAMAHA SR400 バイクに乗って、日本中をツーリング(北海道と沖縄以外はほとんど制覇)
1986〜 高校時代に一目惚れした大型バイクkawasaki Z2を忘れることが出来ずに、中古で購入。完全ノーマルのままで、現在に至る。通称ゼッツーは世界で一番カッコイイバイクと信じて止まない。
1983〜 家業の印刷業、合資会社藤田印刷所に入る。現在、4代目代表(創業明治36年) 1984.3結婚。一年後に長女、二年後に長男誕生。
1990〜1998 機械式腕時計に魅せられ、全国各地の時計店を回り、何十年も売れずに残っていたいわゆるデッドストックものを集める。外国製ではブライトリングという時計にハマり、アンティークを何本か収集していた。
1999〜 薪ストーブを導入。以来、冬はストーブの上でスープストックを作り、それをベースに様々な料理を楽しむ。薪の確保には労を惜しまない。薪割り機などには一切頼らず、全部斧で割っているが、いずれは機械に頼らなければならないと思っている。
2005 木工工房用にキットガレージ(3.6m×7.2m)をセルフビルドする。ほぼ一人で作業し、実質作業は20日間。屋根張りは怖かったが、怖いのは最初の10分。すぐに慣れてしまうが、逆にコレが危ないと思う。中の電気の配線などは、こどもの頃に作っていたプラモデルの知識だけで全部やってみたが、何の問題もなく完成した。
2006〜 会計士の先生よりブログを勧められる。当初は印刷会社の営業のためという名目で始めたが、趣味のブログになってしまい、現在に至る。ほぼ毎日更新し、北陸のブログランキングでは、常時1〜2位。一日の平均アクセス数は1000弱。
2008〜 自宅に石窯を設置。薪が豊富にあることと、焼きたてパンやピザが食べたいからという単純な理由。完成以来、2ヶ月に1回くらいの割合で石窯パーティを開いている。たくさんの友人たちの笑顔を見てるのが一番楽しく、準備等の煩わしさは一切苦にならない。パンやピザだけでなく野菜や塊肉などの石窯での料理のすごさ(激ウマさ)に驚いている。