最新記事
最新コメント
プロフィール

初めての家族旅行 高知編  [2009年12月12日(土) ]
12月12日土曜日星
とうとうかねてから予定していた初の一泊での、
高知旅行に出発しました。
朝の7時に高松の自宅家を出発車
高速で南国市まで行く中で、子供達とアンパンマン、
ソウセージパンと天津甘栗をホウバリながらの
道中です料理

この旅を計画したのは、10月困った
なかなか体調やら、天候やら何やら
のびのびだったので
今回も、金曜日にいきなり宿を迷いながらも予約。
朝まで家族の体調も心配でした。
でも車中で私は、ウキウキを隠せずニマニマ
していましたウインク

ドライブは続きます車汗
山の紅葉をみたりしながら、
8時には立川パーキングで
トイレ休憩をしてまた走ります
途中霧が深く息子曰わく、
「雲トンネル」とトンネルを交互にくぐりながら
進みました。
今日来て良かったの声で気持ちも盛り上がります
5分近く走ると天気も太陽で、日差しも出てきました
双眼鏡でクジラクジラが見れるか船
話をしたりしながら行きました。
8時50分には高速と繋がりの道路の
終点まできました。

水平線に感動しながら向かいます
道の駅をさまよい、砂浜を歩きたい
とサーフィン泳ぐの人達が
沢山いるなか、
砂浜を走り走る、貝殻拾い
波が引いた後を足で踏んづけ、
水が引いて行くのを楽しんだりもしました。



11時くらいにフォエールウォッチングの船着き場で船
次男はお昼寝タイムに突入ですクジラ

赤い橋を渡り、トンボ自然公園と沈下橋を目指します。


途中住宅街へ迷い込みつつ、
まずトンボ王国到着しました。

トンボ館では、クイズをしたのでたっぷり時間を
使いました。
アンケートを書いただけで、
ビーズで作った手作りアクセサリーを
貰えて嬉しかったです!
次男も便をしたけれど、トイレもオムツ替えコーナーと
座らせるイスもあり良かったです。
長男はメダカすくいで、一緒に一匹すくいました魚
持ち帰れたのはメダカ二匹、ザリガニ一匹のみです。

餌と容器を買い、シールも思い出に買いました。
川エビの唐揚げが食べたかったので、
沈下橋を諦めてアカメ館に行きました。
通ってきた赤い橋を、海の方に下るとすぐにありました。
いろりもあり、
ゴリという魚の丼のセットと川エビうどんと
ひつまぶしのセットに川エビの唐揚げをプラスで
注文しました。子供達も取り皿を貰い、
遅めの昼食にしました。

遊覧船の乗船券売り場も、
一緒にありました丁度2時から出航。
次は三時半でした困った

車にまた乗り込みました髄粋[|砲佯0分くらいしか
寝ていなかったのですぐに寝つき、
長男も車の揺れで3時には眠ってしまいました嫡:BR>向かうは足摺岬ZZZ

少し雲が出てきたのが気になりました。
アカメ館を2時半に出て、足摺岬には3時半到着。拍手

書道で高校生が「起」を書いて、メジカのつみれ汁が
無料で振る舞われていました。

カツオダシが効いていて、
お腹がいっぱいながらも美味しかったですラーメン

灯台、展望台、天狗の鼻を廻りました。

夕日夕日が見えだしたので、
急いで今日の宿の足摺パシフィックホテルにビル、チェックインまる
4時半くらいでした。
夕日ポイントをきくと、灯台が良いとの話でした落ち込み

日の入りは5時10分だそうで、露天風呂から見るか?
遊歩道で見るか迷いました。
ダルマ夕日を期待していたのですが、
雲が地平線を覆い隠し遊歩道に歩いて
見に行きましたが見えませんでした


お風呂は露天風呂が、海が見えて素敵月キラキラでした。
少し大浴場からも通路を歩かなきゃ行けないのが戸惑いました。
日も沈み海も暗かったので、朝か夕方がこの時期は特に綺麗だろうな温泉

夕ご飯の時間は、6時半からにしました。
船盛り、カツオとウツボのポン酢かけ、
貝や伊勢エビ、イカなどを炭火焼き、釜飯はさすがに
食べれず残してしまいました。
長男はお子様ランチがあり、それまた美味しそうでした。


みんな興奮気味で、寝付いたのは9時過ぎていました。

12月13日 日曜日太陽
浴衣を着た私ははだけて寒く、
朝は部屋の桶風呂に早起きした長男と浸かりました。
その後すぐに7時から朝日が見れるかと下に降りる、
大浴場に長男と向かいました。
でもやはり朝日は見れず、
部屋にいると岩陰から太陽日の出が顔を出しました。

朝食はベーコンeggやイカナゴを焼いたもの。
などとても美味しく頂きました。
風車のあるお庭を散策して、
9時半にチェックアウト帰りには風船を紙袋いっぱいに貰って、
息子も大喜びでした男の子

来た道とは別の方向に半島を一周して、
青い橋を渡り竜串海中公園に向かいました。
子供達はもう少しの所で、10時から寝てしまいました
めじかの里で少し休憩。

グラスボート乗り場の観光案内所にて、割引券をゲット笑い
海底館には10時半につきました。


12時まで楽しみ、近くももう少し回りたかったのですが
地質博物館で恐竜を見せたかったので
間に合わないと判断汗
20分にもときためじかの里で、おにぎりを買ってほうばりながら髄粋ワBR>1時半、2時半にコンビニでトイレ休憩を
しながらむかいます。車ダッシュ

次男も二回目のトイレまでオムツもぬれず、
しっかりトイレで出ました。ウインク
佐川の山は紅葉も終わり葉が落ちた木が目立ちました。
日も射したり、曇ったりしながら山道を走ります。山
4時の到着予定でしたが、なんとか3時7分到着でした。

長男は入る前からドキドキするラブなんていくき満々でした。
受付に入ると3歳くらいの子供がトリケラトプスの前で
怖がっていました。落ち込み
2人は大丈夫と思った矢先、
展示室で化石などを見始めていると突然次男が指をさ指し
「こわい」としっかり抱きついてきました。

その後も声をだし動く度に、見ながらキュッと固くなっていました。
映画を10分見たり、外の洞窟に入ったりして展示物を見学しました。
トイレを次男もすませました。オムツ替えコーナーはなかったです。
4時20分には後にしました。

そこで今更ながら、四国で得するパスポートをゲットしましたすいません
ガソリンを二千円分車程補充し、家路へと向かいます髄粋ワBR>その後土佐ICから高速に乗り、パーキングでごはんを買い食べながら帰りました。
トイレに二回とまりました。
次男も来春にはオムツが取れるかなぁ。

丁度7時につきました。
自動車車での移動が長かったですが、心地よい疲れが残りました。

このような企画があったからこそ行けた旅行だと思います。
夕日夕日こそ見えませんでしたが、天候にも恵まれ
本当に行ってよかったです。感謝しています。まる



  Posted at 08:51 | | この記事のURL | コメント(0)
コメント