最新記事
最新コメント
ポイズン
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
まちこ
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
よーさん
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
グランパス君
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
よっちゃんあじ
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
みっぺっぺ
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
しげちゃん
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
おすこさん
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
みーさん
こうちトレーニングに行ってきました (2009年12月23日)
こうちトレーニングに行ってきました。

売れない構成作家をやっております、趣味は自分の体を鍛えスキルを高めること。向上心の強さが、空回りすることも多々あります。

プロフィール

こうちトレーニングに行ってきました  [2009年12月22日(火) ]
こうちトレーニングに行ってきました。


もう一回、言います。


こうちトレーニング行ってきました。





なんだか2009年は、”ノート”がブームだったもので、僕も高知へ旅したときの”ノート”を公開することにしました。もう一回、言います。こうちトレーニングに行ってきました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


笑顔 1ページ目、オープン・ザ・ノート!!笑顔


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いきなりですが、
この旅で思ったこと。
印象に残ったこと。


--------------------------------------------------- 


手紙散髪散髪散髪手紙

高知県の室戸市といえば、
「だるま朝日」と「だるま夕日」が
絶景なんですね〜。
丸秘そこで、ちょっと思ったですね〜。
「だるまSUNが転んだ」大会!

を開催できないものか。
「だるま朝日」の日の出から、
「だるま夕日」の日没まで耐久で、
真の「だるまさんが転んだ」王者を決める
世界選手権を開催したら、楽しそうじゃありません?

手紙散髪散髪散髪手紙

高知市にはブックオフが多い。
そしてデカかった。
旅のお供の文庫本を忘れたから、
高知駅のブックオフで本を買った。
旅の間に一冊読み終えたら、
帰りの高知駅で売っちゃえばいいんだ。
丸秘そうすりゃ、荷物が減るんですね〜。

手紙散髪散髪散髪手紙

街をちょっと離れるとトンビが悠々と舞うんですね〜。
トンビは高知の象徴。いや山と海が近い証拠。
時間をスローに感じさせてくれる鳥ですね。
丸秘トンビって、上空で一瞬静止していません?

手紙散髪散髪散髪手紙

馬路村は空気が澄んでいるんですね〜。
空気が無添加というのか、
空気そのものの匂いがしたんです。
空気そのものの匂いを嗅いだことはないですけど。
丸秘一軒の家が夕食にカレーを炊いたら、
そのカレーの匂いが村中に広がるのではないか、
と思ってしまうほど、空気がきれいな村でした。
そしてコンパクト。

手紙散髪散髪散髪手紙

村のおじさんの中には、
吉幾三さんの名曲「おら東京さ行くだ」を
替え歌にして歌っている人がきっといるだろうな〜。
丸秘「おらこんな村好きだぁ〜」って熱唱するんだろうな〜。

手紙散髪散髪散髪手紙

安田町から馬路村へ向かうバスの
バスの乗客は高校生ばかりなんですね〜。
ほぼ、スクールバスという状態。
毎朝乗るから、多分それぞれが座る席なんかも
決まっているんでしょうね。
おとなしい感じ鳥の学生は前方の席で。
やんちゃな感じダンスの学生は後方の席で。
やっぱり、学生時代って教室でも、
そんな席順になりますよね。

桃太郎1ヶ月に1回、バスの席替えがあったりして!?桃太郎

最初は学生らしい元気さで、
あれこれ会話する声が聞こえていたんですが、
20分もしないうちに、車内が静かに。
気になって車内を見渡すと、
高校生のみなさん車内で仮眠中でした。
高校生、眠い年頃なんですね〜。
ウインク授業中は居眠りしないように!
と、おじさんなんかは思うわけです。

それで、その高校生達は「室戸高校前」で下車。
室戸高校の生徒さん達なのでしょう。

みなさん素晴らしいですね〜。
心が和んで、感動する行動を目にしました。
何が素晴らしいって、下車するときに、
「ありがと〜」、「おはよう」と運転手さんに
声をかけるんですね〜。運転手さんもそれに答える。

30人近く乗っていた高校生のその全員です。
あっ!高知にはまだこんな素敵な習慣が
残っているんだな〜と、
感動してしまいました。

卒業式の日には、運転手さんから、
「卒業おめでとう」乾杯
と祝福されたりなんかする
ドラマチックなシーンが見られるかもしれませんね〜。
でも、卒業式の日には両親と車で登校するのかしら。

高校生の感動的な姿に、
心を温められつつ、室戸岬へ。


手紙散髪散髪散髪手紙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


笑顔 2ページ目、オープン・ザ・ノート!!笑顔


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


馬路村で
特産品とか地域ブランドを学ぶ
トレーニング




びっくり高知駅の列車の発着メロディー月は、アンパンマンの歌なんですね。座席の背もたれが長いんですねビル。ほとんど高架を走るんですね。

びっくり安田駅で朝食。名古屋の「モーニング」もビックリですね。喫茶店が社交の場なんですね。地元の女性たちがガールズトークに花を咲かせていました。

びっくり馬路村に到着。まずは「エコアス馬路村」を訪ねる。木のバック「モナッカ」は、意外に軽いんですねまる

びっくり森林鉄道のトンネルを通る。トンネルはひんやり気持ちがいいんですね。トンネル前に村の掲示板を発見。民家も人通りもない場所木。ここに足を止めて読む人は誰なのだろう。

びっくり貯木場を道路脇から見学。サボテン原木から板に加工されるまでの過程が、一挙に分かるんですね。

びっくり美しい里百選に挙げられる椎名地区は、段々畑カエルの景色が美しいんですね。

びっくりうまじ温泉で昼食。「土佐ジローの親子丼」。食堂は村に視察で訪れた方々で盛況なんですね。関西弁が飛び交っていました。

びっくり森林鉄道とインクラインは平日お休みなんですね観覧車

びっくり月光山金林寺家からの眺める村も風情があるんですね。

びっくり日浦ゆず園まで坂を上る。野生のゆずより、農園のゆずのほうがやっぱり大きいんですね拍手

びっくり「ゆずの森加工場」を見学。トイレのシステムが画期的なんですね。正しい順番で手を洗わないと、扉が開かないんですね。

びっくり「ごっくん人形」ってかわいらしいんですね。「ごっくんストラップ」もいいですね。

びっくり馬路村の村長さんとお話させていただく。特別村民になると、役場の村長室で、村長さんと「ごっくん馬路村」が飲めるんです。村長さんは村を愛するステキな方でした。

びっくり夕方五時。「夕焼けこやけ」のメロディーが、村内マイクから流れる。僕も早く、うまじ温泉に帰らなくっちゃ!家

びっくりうまじ温泉のお湯は、ぬるぬるでしっとり。体に塗りこんできました。温泉には地元の方も入浴に来られる。村の方と裸のお付き合いが出来るんですね〜。

びっくり夕食は地元の幸をフルコースで。ラーメン味もボリュームも満点ですね〜おでん





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


笑顔 3ページ目、オープン・ザ・ノート!!笑顔


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


室戸の
お遍路道で体と心を鍛える
トレーニング




早朝、馬路村を出発。
安田でバスを乗り換え、室戸へと向かう。


カギ朝食をとった喫茶店の駐車場からは、
「クジラでサーフィンする・中岡慎太郎」クジラ
目撃できるんですね〜。

カギ半島の西側に見える「室戸スカイライン」の高架は見事なカーブなんですね〜自動車。タ●リさんが好みそうな坂と曲線美だと思ったので、「タモさんスカイライン」チューリップと命名してきました。

カギ室戸ドルフィンセンターのイルカは和歌山県からきたんですね〜。飼育係のおねえさんとのボール遊びサッカーが趣味なんですね〜。

昼食は「海の道・キラメッセ室戸」で“地産地消”弁当。お好み焼きが入っているんですね〜。高知の方も大阪同様、お好み焼きとご飯を一緒に食べるんですね〜。

カギガソリンスタンドの案内看板が、大量旗なんですね〜。さすが室戸。漁業で栄えた街です。“台風銀座”の室戸大波ですから、強風で看板が何度か倒されたんでしょうね〜ジェットコースター

カギ自転車を止め休憩中、お遍路さんに出会う。そのお遍路さんはなんと、45回目の巡礼だそう。別れ際に、銀色のお札ランドセルを頂いたんです。

カギ自転車をかっ飛ばして、「シレスト室戸」へ向かう。海洋深層水のプールなどを備えた健康と美容のための施設。海洋深層水って、塩水なんですね〜。しょっぱいんですね〜泳ぐ。「シレスト室戸」でのんびりストレッチした後は、ビールが美味しいことうけあいジョッキコンタクトレンズを装着されている方は、メガネを用意していかれたほうがいいですね〜。

カギ最御崎寺へは、遍路道を登ることにする。さすがは、“修行の道”高知。足がパンパン。寺の境内に到着。ここでもお遍路さんと出会う。そのお遍路さんはなんと、60回目の巡礼だそう。寺の木陰に「やっこ草」が生えていることを教わる。「やっこ草」は、四国霊場中、ここ最御崎寺でしかみられないとのことドキドキ大。高知の偉人にして、偉大な植物学者クローバー牧野富太郎博士にゆかりが深い植物だそうだ。

カギ夕食は地元の、名店「釜めし初音」で名物の釜めし定食をいただく。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


笑顔 4ページ目、オープン・ザ・ノート!!笑顔


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


高知市周辺で
龍馬の生き方と伝統工芸をマスターする
トレーニング





この日も早朝、バスで出発です。
奈半利で電車に乗り換え、高知市へと戻ります。


太陽高知市内での目的は、
来年の大河ドラマの予習と
伝統工芸を体験すること。
そして、おいしいアイスクリームを食べること。

まずは、龍馬像と「龍馬記念館」へと向かいました。

太陽桂浜のバスターミナルで下車し、龍馬像見物に向かうと、まず、龍馬像の背中から見えるんですね〜。背中が大きすぎます。坂本龍馬。できる男は走る、背中で語るものダンス。いきなり坂本龍馬さんの背中に語られてしまいました

太陽龍馬記念館では、坂本龍馬が書いた手紙がらがらくじの実物と複製が多数展示されているんですね〜。

太陽デキる男走るは、マメなものパンダ。今の時代に坂本龍馬が生きていたら、メールメールをフル活用していたんでしょうね〜。

龍馬に触れ、桂浜で日光浴した後は、高知市のお隣、いの町へ。

太陽土佐の伝統工芸「土佐和紙」作りに挑戦。「いの町紙の博物館」で「土佐和紙手漉き体験」クラッカー。和紙の葉書を手漉きで作成できるんですね〜。手漉き体験コーナーの前では、この道53年という大ベテランのおばあちゃんが、手漉きを実演炎しているんですね〜。巧の技に注目です。

太陽「紙の博物館」前に流れるのは、清流・仁淀川。四万十川に並ぶ、高知の清流ですね〜。この仁淀川では、「世界水切り大会」も開催ダッシュされているとか。川の水面に石を投げて男の子、何度跳ねさせることができるか泳ぐ。子供のころ、川でよくやりませんでしたか。

太陽高知市に戻り、円行寺にある「鹿嶋牧場」へ。丘陵地に放牧されている牛が見学できるんです。

太陽ここの牧場のアイスクリームが絶品なんですよね〜。高知市民の隠れた人気スポットりんごらしいです。この日も、家族連れや、カップルがこのアイスクリームアイスを目当てにひっきりなしに訪れていました。

太陽高知市のあるスーパーでは、「鹿嶋牧場」さんのご主人の顔が印刷されたパック牛乳が売られているそうです。


太陽その後、高知市に戻り喫茶店で休憩。自分で漉いた和紙の葉書で実家の母に旅の報告をしようと手紙を書きました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


笑顔 5ページ目、オープン・ザ・ノート!!笑顔



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ムービーお気に入りの写真集ムービー




●高知市文化センターかるぽーと付近で、
「ダイヤモンド・かるぽーと」風に撮影。




●室戸から奈半利駅へ向かうバスの車中。




●存在感抜群な男。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


笑顔 6ページ目、オープン・ザ・ノート!!笑顔


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


譜面 結びに 譜面

“こうちトレーニング”に行ってきました。」
“こうちトレーニング”を積んできたんです!」


高知に行って何してきたの?と問われたら、
私は、多分、こう答えるでしょう。

高知県を旅して、メンタルもフィジカルもスキルもナレッジもおまけにアイデア(発想)の部分も鍛えたい!鍛えられたら、そりゃ凄い!同僚もびっくりだ!というコンセプトで、旅のルートを設定してみました。

振り返ってみます?

炎メンタルは、室戸の最御崎寺の遍路道を上ることで鍛えられたんです。

炎フィジカルは、馬路村と室戸市の2日間、レンタサイクルで駆け巡って鍛えられたんです。

炎スキルは、「和紙の手漉き体験」で伝統工芸を学び、龍馬には手紙をマメに書くっていうスキルを学びました。

炎ナレッジは、馬路村で地域ブランド作りを学び、馬路村と室戸市では今後の地産地消のあり方に関するヒントも得られたんです。

炎アイデア(発想)は、結構考えたんですけど、まだまだ全然です。素人のアイデア丸出しですね〜。

でも、これで、隣にかわいい彼女がいて、今注目の体験型観光のコースが入っていれば、文句なしの旅ですね〜。

四国八十八箇所巡りのなかで、
“修行の道”と位置づけられている高知県。
プロ野球のキャンプを筆頭に
各種スポーツ合宿が全国から集まる高知県。
余談になるが、私の趣味は体を鍛えること。
特にジョギング、ジム通い。
ということで、私の旅は、
高地トレーニングならぬ、
高知トレーニングになりました。
高知県は鍛錬の場に向いているんですよ。きっと。

あっ!高知県の体験型観光を、
こうちトレーニング」というネーミングで
パッケージ化しませんか?

しませんね。
  Posted at 11:42 | | この記事のURL | コメント(20)
コメント
高知はいいですね〜。
近々行ってみたくなりました。
岡山県 Posted by:ポイズン  at 2009年12月23日(水) 23:50
“こうちトレーニング”に行ってきました。”って言ってみたいですね。
愛媛県 Posted by:まちこ  at 2009年12月23日(水) 21:01
写真がきれいです。
愛媛県 Posted by:よーさん  at 2009年12月23日(水) 20:40
私も四国に来てからトンビの優雅さに気がつきました。
愛媛県 Posted by:グランパス君  at 2009年12月23日(水) 20:13
慎太郎像の写真に驚きました。
あれは、イカまわしの写真ですか?
高知県 Posted by:よっちゃんあじ  at 2009年12月23日(水) 16:48
龍馬の背中には魅了されますね。
ぜひ龍馬像に会ってみたいです。
東京都 Posted by:みっぺっぺ  at 2009年12月23日(水) 16:38
私も高知はトレーニングするのにあっていると思います。
愛媛県 Posted by:しげちゃん  at 2009年12月23日(水) 16:04
楽しく読むことができました。
愛媛県 Posted by:おすこさん  at 2009年12月23日(水) 15:10
賛成です。
愛媛県 Posted by:みーさん  at 2009年12月23日(水) 14:58
こうちトレーニング行ってみたいです。
神奈川県 Posted by:kyofei  at 2009年12月23日(水) 14:08
室戸の灯台は最高のスポットですね〜。
一気に読んでしまいました。
高知県 Posted by:せいせいせい  at 2009年12月23日(水) 13:23
写真がたくさんあってキレイですね。
高知県 Posted by:ふっくらまんじゅう  at 2009年12月23日(水) 13:13
釜めしの味をもっと知りたかったです。
全体的にはよくまとまっていました。
高知県 Posted by:園長の卵焼き  at 2009年12月23日(水) 12:55
はじめの写真はどこですか。
埼玉県 Posted by:ひさやん  at 2009年12月23日(水) 12:47
いいトレーニングですね。楽しませていただきました。
高知県 Posted by:すーちゃん三世  at 2009年12月23日(水) 12:45
存在感が抜群ですね。
東京都 Posted by:かみちゃん  at 2009年12月23日(水) 12:33
だるまさんが転んだ大会に参加したいです。
是非、実現させてください。
東京都 Posted by:しんたろうまき  at 2009年12月23日(水) 12:31
”こうちトレーニング”なるほどです!
愛媛県 Posted by:りっつ  at 2009年12月23日(水) 12:09
私も体を鍛えるのが、好きなので、参考になります。
東京都 Posted by:こくぼ  at 2009年12月23日(水) 12:09
トップの写真はどこなのでしょうか!気になります。
愛媛県 Posted by:そういちろう  at 2009年12月23日(水) 11:56