最新記事
最新コメント
プロフィール

大阪の中心部在住。
なので自然いっぱいの高知がとっても恋しくなるのです。

プロフィール

秘境!黒尊村で“体験型民宿”2泊3日の旅  [2009年10月08日(木) ]
黒尊に行くのは、今回で2回目。
去年、友人夫婦が偶然ネットで発見した黒尊川や民宿が
本当に良かったので今年もここに来ることを決めました。

「秘境」とはまさにここの事では!
と思えるほどの美しい川と景色に囲まれた黒尊村。
四万十川は全国的に有名ですが、その支流の黒尊川はまだメジャーではないのか、
川で遊んでいても人と会う事がめったにありません。

そして、四万十川支流の中でももっとも透明度が高いと言われている通り、
本当に美しい川で、環境省の「平成の名水百選」に選ばれるほど!!



さて、ここからは旅のお話です。

1日目。

大阪から車で黒尊の玖木地区にある「白皇の水景色」という民宿へ向かいました。
この民宿は、オーナーのお家にお泊まりするといった感じで
まるでホームスティの様!!
2回目の今回もオーナーさんがあたたかく迎えてくれました。



着いたのは夕食時。
ご飯はオーナーさんが丹精込めて育てたお米のピカピカご飯
地元おばちゃんたちの農家レストランから運んできてくれる
アユの塩焼きや近くで採れた野菜をふんだんに使ったお料理の数々!


これが本当に自然の味がたっぷりで美味しいのです。

夕食後はゆる〜りとお風呂に浸かって運転の疲れをとるために早めに寝ました。
お布団に入ると、虫の声とすぐ近くを流れる黒尊川のせせらぎが心地よく、
そして時より「ピ〜〜〜〜ッ」と聞こえる鹿の鳴く声
(鹿がピーピー鳴くとはしりませんでしたが・・・)
民宿のすぐ近くまで来ているそうですヨ。
大阪では味わえない不思議な夜音体験でした。

2日目。

朝ご飯は近くに住んでおられるオーナーのご友人が作りに来てくれます。
アメゴの塩焼きや山菜盛り沢山に絶品のお味噌汁など
パン派の私も日本食に移行しようかと思うくらいの素敵な朝食です。

朝食後はオーナーさんがコーヒーを入れてくれます。
これがまたほっこりできる心地いい時間。

さあ、いよいよアクティビティのスタート!
この民宿は「体験型民宿」といって、
オーナーさんが沢山のアクティビティを用意してくれているのです。

まずは秋の味覚の栗拾い。
民宿のすぐ近くに栗林あって栗がゴロゴロ!
栗ご飯作ったら美味しいだろうな〜なんて考えながら沢山とってしまいました。
鹿や猿、イノシシもここの栗を食べに来るそうです。


民宿前には「白王橋」という沈下橋があって、
そこからシダの葉っぱを飛行機の様に飛ばすというゲームを教えてもらいました。


オーナーさんの小さいころからの遊びの一つだそうです。
私は紙飛行機くらいしか飛ばした事がないので、これまた新鮮!
でも上手に飛ばすには結構コツがいる様です・・・

次は川エビとカニ捕り。
少し前から黒尊川にオーナーさんが仕込んでおいてくれた罠を引き上げにいきます。

その数約20本!それも手作りでよくできています。
細い筒にエサを仕掛けて、それを求めてエビが筒に入ってきます。
だけど一旦入ってしまうとでてこれないという仕掛けです。


私たちはオーナーさんに仕掛けの場所を教えてもらって、じゃばじゃば川へ。
さすがに秋の川は冷たいのですが、太陽が照っていると泳げるくらいです。

キャッキャ言いながら、ひとつひとつ仕掛けを引き上げながら
今夜のおかずを捕っていくのがこれまた楽しい!
みんなまるで童心に帰ったようにおおはしゃぎしてしまいました。
カニも沢山捕れて今日は大漁!やった〜〜〜!



そんなこんなでもうお昼。
黒尊川に架かる沈下橋でお昼ごはん。


橋の上にすわりながらいただくオニギリは何よりのご馳走です。

この沈下橋は一枚の板で作られていて一人ずつしか渡れません。
岩に片方の木を固定して、川が増水した時にはもう片方が流れる仕組みになっています。
この橋はかなりめずらしいものですよ!

橋の上からは、草舟を流したりして風流なこと!!
もちろん、作り方を知らない私たちにオーナーさんは丁寧に教えてくださいました。

その後もみんなで川遊びを楽しみ、夕方、民宿に帰って来ました。
そこからは晩ご飯の用意。

今夜はお庭でバーベキュー。
ドラム缶を半分に切った手製バーベキューグリル!!
これぞアウトドア!っていった感じでワクワクです。


裏の畑から採れた新鮮な茄子やししとうを焼いたり、
四万十牛をいただいたり、超贅沢なバーベキューでした。

そして今日捕ったカニの甘辛煮、目の前で揚げてくれる川エビのてんぷら。
これはやばいくらい美味しいです!
やはり川の水が美しいからか、まったく臭みがなく、まるごとバリバリいけます。
「こんな美味しいエビ食べた事ない!!」と、去年も叫んでいたような気が・・・

それにオーナーさんの幼馴染みの方が高知名物「カツオのタタキ」を差し入れてくれました。
極めつけは黒尊川で捕れたウナギの蒲焼き!!
このウナギの頭を焼いてダシに漬け込んで作ったタレをたっぷかけていただきました。
これもまったく臭みがなく、ジューシィィィ〜〜〜〜!!!


3日目。

楽しい時間はあっと言う間です。
もうお昼には帰らなければ・・・と、みんな少し寂しいキモチを
美味しい朝食とデザートのケーキが吹っ飛ばしてくれました。

このケーキ、黒尊で採れる野菜や果物からできたケーキで
「アスパラケーキ」や「トマトプリン」、「ブルーベリーロール」など
素材そのままの味を活かし、ヘルシーでも美味しいスイーツでした。
これも近くの方が作られているそうです。
大阪で売っても大好評だろうな〜なんて思いながらペロリといただきました。
どこに行っても商人(あきんど)発想。

大阪に帰る時が来ました。
あともう一泊したいな〜なんて言いながら、
もう来年の来る予定を決めたんですけどネ。
オーナーさんに「また来年!」
川に「ありがとう!」と告げて、黒尊をあとにしました。


なんだかグルメ紀行みたいになってしまいましたが、
これくらい食べものすべてが美味しいのです。
やはり美しい川と自然のめぐみのお陰ですね。

それから、この旅が本当に素晴らしいのは
オーナーさんが企画してくれる数々のアクティビティのお陰でもあります。
ご本人は「好きでやっていることだから」とおっしゃいますが、
私たちのために心を込めて準備してくださっていることが本当に感じられます。

これらの体験は、すっかり遊びオンチになっている私たちを自然の中に誘ってくれます。
自然の厳しさをあまり知らない私たちにとっては、ただ楽しいだけなのかもしれませんが、
それでも都会に暮らし、忙しい日常を過ごす人間には、
時に自然にかえり、自然のことを考えることが必要なんじゃないかな
なんて思える旅になりました。

今、黒尊村では過疎化のため、村起こしなどを企画して
なるべく多くの人に訪れてほしいと願っておられるので、
私としても、この村がたくさんの人で賑わってほしいと思うのですが、
黒尊川は、いつまでもいつまでもこのままの美しい川であって欲しいと強く願っています。

もう今から、来年のことを楽しみにしてます。
がんばって働くぞ〜〜!
  Posted at 15:10 | | この記事のURL | コメント(3)
コメント
黒尊川は一度行ってみたい!と思っていた場所なので興味深く拝見しました。素敵な旅です
千葉県 Posted by:ぴろし  at 2009年12月23日(水) 13:26
体験型民宿、いい情報です。私もここに泊まってみたいと思います
福井県 Posted by:おじゃ  at 2009年11月06日(金) 23:00
知る人ぞ、知る!情報ですねお野菜がとってもおいしそう
愛知県 Posted by:まりもも  at 2009年10月14日(水) 19:24