素敵な高知を探して

高知には
キレイなもの
おしゃれなものが
たくさんあるんです。

素敵な高知を探す旅を
あなたもしてみませんか?

最新記事
おしゃれな高知へようこそ
最新コメント
まみる
おしゃれな高知へようこそ (2009年12月23日)
あゆ
おしゃれな高知へようこそ (2009年11月12日)
新台入替
おしゃれな高知へようこそ (2009年11月12日)
おじゃ
おしゃれな高知へようこそ (2009年11月07日)
かずひろ
おしゃれな高知へようこそ (2009年11月03日)
大五
おしゃれな高知へようこそ (2009年10月31日)
またたび
おしゃれな高知へようこそ (2009年10月29日)

おしゃれな高知へようこそ (2009年10月26日)
まりもも
おしゃれな高知へようこそ (2009年10月14日)
sazae
おしゃれな高知へようこそ (2009年10月12日)


プロフィール

カメラが趣味で、青春18
切符での日帰り旅行を
時々楽しんでいます。

高知には数年前に
ムーンライト高知という
名前の電車に乗って
訪れたことがあります。

旅はいいですね。

プロフィール

おしゃれな高知へようこそ [2009年09月29日(火) ]
高知で見つけた新たな感動をおすそわけ

<感動ポイントその1 建物@内藤廣氏の建築物>


今回高知に来て驚いたのは、高知駅が美しくなっていたこと。


木が何重にも並んでカーブをしている姿がとても美しい。

聞けば、内藤廣氏の建築だとか。
建築物そのものも美しいのだけれど、高知の雰囲気によく合って
のんびりしたムード、「旅の始まり」を感じさせる高知駅に大変身



高知駅だけでなく、牧野植物園も彼の作品。

ここは本当に時間が静かに流れている。
いつまでもいつまでも 切り株の椅子に座り、
植物と調和する建物を眺めていたくなります。



脱日常を望む旅人は、四万十川と共に牧野植物園も
訪れてみてください。
時間が許せば 美術館でシャガールもぜひドキドキ小




<感動ポイント その1 建物A 街の建築物>


高知駅の近辺をぶらぶら歩いたり、
路面電車や くるりんバス(100円)に乗って
街を歩いていると、突然おしゃれな建物に遭遇します。

高知って、オシャレじゃないですか音符
カメラを首からさげて、あなたが見つけた高知を切り取って
みてください。




<感動ポイント その2 ぼうしパン食べ歩き>



ガイドブックでこのラブリーなパンを見てから、私は決めていたのです。
『高知に行ったら絶対買う!それもたくさん買う!』と。
そして、「ぼうしパン」を旅の途中で探し回ったのでした。

ぼうしパンといっても、味はいろいろでした。
四万十のりの味やココア味 
ぼうしの部分がかすかに塩あじのもの
ぼうしの耳がマドレーヌ状のもの
頭の中にジャムがはいったもの
頭も耳も全て同じ生地で形だけが帽子のもの・・・

家族にうんざりされながらも、旅のおともにぼうしパンハート

私の一番お気に入りのぼうしパン

第1位 高知駅近くののデパ地下の帽子
第2位 JR高知駅のベーカリーの帽子
第3位 京都では見かけない名前のコンビニにあった帽子

ご参考までに。

<感動ポイント その3 四万十川へ>

高知まで来たら、やっぱり行きたい四万十川

春には菜の花が咲き、
初夏には蛍の大乱舞
夏には川沿いをボンネットバスが走るとか。
秋はやっぱり 爽やかな風を感じながら乗る舟遊びかなドキドキ小



高知から中村に向かう車窓からこんなに綺麗に、海が見えます。

 今回四万十川で大変お世話になったのは、
「四万十の碧」という名前の遊覧船でした。
 たくさん遊覧船はあるけれど、どれも下流辺りでちょっと不満。

「四万十の碧」は30分バスで上ったあたりまで連れていってくれます。

それも行きは無料でバスが中村駅まで迎えてくれるので、
年老いた母親は大喜び。

  5人以上のグループだと、貸切船をおすすめします。
値段もお得ですが、何よりも知り合いだけで船を貸切れるのですから。
  見たい景色が出てくると、自由に船内を移動できます。
川面から眺める沈下橋は素晴らしかったです。




下船後、2時間ほど 散策しました。
三里の沈下橋を渡ったり、橋に腰掛けてみたり。
綺麗な小石をお土産に拾ったり、スケッチしたり。
足をつけて小魚を眺めたり。

こんなにのんびりしたのは久しぶり。

思い思いに四万十川を楽しんできました。





ご参考までに旅の行程を・・・ 
旅のミニアドバイスもつけて。



**********************************************
1日目

京都発関西空港行き「はるか」に乗車 3490円
9時35分発〜10時20分着

関西空港発 高知行き ANA飛行機に乗車飛行機11.800円
10時35分発〜11時09分着バス

高知空港〜JR高知駅へ 高知空港線バスに乗車 700円
11時〜13時

高知駅の手荷物預かりに荷物を預ける。
コインロッカーはたくさんないので、早めに預けてくださいね。

@日曜市見学
Aひろめ市場にて昼食
B宿にチェッイン
C宿の隣の旅館にて日帰り温泉利用

  「土佐御苑」 700円  利用可能 16時〜
  とても気持ちのいいお風呂でした。高知駅より歩いて10分

Eホテルの方に「土佐料理」を気楽に食べられる店を
  お尋ねしたところ、歩いて数分の店を数店紹介いただく。
  その中で「喰多朗・高知店」に。

  塩タタキやサエズリ 酒盗 チャンバラ貝 青さのりの天ぷら
  土佐ジローの唐揚 まぐろ丼など 

F喰多朗前の屋台{「松ちゃん」で餃子とラーメン ビールジョッキ
  高知の屋台は活気があってとても楽しい!!
  屋台だけで晩御飯でもいいかも笑い

********************************************
2日目}

@8時21分発〜10時04分着
 JR高知駅〜中村駅電車
 JRしまんと1号 指定席 4530円

A11時〜11時30分 宿に荷物を置いてから、再び中村駅へ
  四万十川の遊覧船の送迎バスが指定した時刻に到着(予約)バス

B遊覧船「四万十の碧」乗り場に到着 食事(事前予約)
C12時00分〜13時00分  遊覧船 貸切舟に乗船
  たっぷりと四万十川を楽しむ

E13時〜14時30分
  近くの沈下橋まで散策

F14時30分〜15時00分
  送迎バスにてスーパー銭湯「平和な湯」へバス

H〜18時00分
  中村の街を散策 お土産を買う
I宿の分店である「厨房 わかまつ」にて晩御飯

 何を頼んでも美味しい。とくに塩タタキ。四万十鰻は3000円困った

*********************************************
3日目

@8時04分〜10時00分
 南風号に乗って
 JR中村からJR高知へ電車

A高知駅にて買い物 荷物を送る

B11時00分〜11時30分
  高知駅発の「my遊バス」に乗車バス 高速バス乗り場で購入
  牧野植物園へ バス1日乗車券 900円(市電にも乗れる)

C牧野植物園
  11時30分〜13時
  レストランのお料理が安くて美味しい(1000円前後)

  デザートには高知のアイスクリンをグラス

Dmy遊バスに乗り、再び高知市内へバス
  13時10分〜13時40分

E高知市散策 3時間

F高速バス 高知から京都行きに乗車バス 6500円
  16時50分〜22時40分
  (連休で高速道路渋滞のため40分遅れ)

疲れが出て眠ったためか、長くは感じず楽でした。

G京都に到着




皆さんも、のんびりしたくなったら是非高知へハート
私の旅に最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。










 
 
 


 
 

  Posted at 15:04 | この記事のURL | コメント(15)
コメント
タイトル通りおしゃれな高知が伝わってくるすてきなレポートでした
Posted by:まみる  at 2009年12月23日(水) 20:05

ぼうしパンがおいしそう!!食べに行きたいです。
Posted by:あゆ  at 2009年11月12日(木) 22:26

帽子パン、おいしそうですね。自分も食べたいです。
Posted by:新台入替  at 2009年11月12日(木) 13:59

美しい建築物を見るのも、旅の楽しみの一つですね
Posted by:おじゃ  at 2009年11月07日(土) 21:31

内藤廣の建築に注目したところが
ユニ−ク。写真も素晴らしい。詳細な行程も参考になる。
Posted by:かずひろ  at 2009年11月03日(火) 22:31

詩的にまとめられた旅行記すてき。
観光コースをそのままなぞって高知の旅をしてみたい。
Posted by:大五  at 2009年10月31日(土) 16:34

ぼうしパン・・・探してみたくなりました。泊まった宿の情報が欲しいな!
Posted by:またたび  at 2009年10月29日(木) 12:33

いつか行ってみたいと思っていた四万十川。素敵な写真を見てますます行きたくなりました。
Posted by:蛍  at 2009年10月26日(月) 20:21

お写真がすご〜くキレイで、オトメな気分に浸れました
Posted by:まりもも  at 2009年10月14日(水) 19:23

高知がオシャレという視点が新鮮でした。
Posted by:sazae  at 2009年10月12日(月) 21:33

今、四万十川に居てるような、そんな思いにさせる素敵な写真ですね、映画のシーンのよう
Posted by:ハイブリツトII  at 2009年10月12日(月) 14:00

高知の素晴らしさを肌で感じることができる写真とコメントでした。
Posted by:otokomae  at 2009年10月12日(月) 13:23

最初は建築の専門じゃないからなぁ…と一瞬思いましたが温かみのある写真に惹かれました。
Posted by:ちる  at 2009年10月10日(土) 15:59

洗練されていて、しかもあたたかみのある建物の紹介写真がとても素敵でした。
Posted by:an  at 2009年10月09日(金) 18:13

写真とコメントがしっかりマッチしていて、耳をすましたら音が聞こえるきがします。
Posted by:とし  at 2009年10月06日(火) 21:08