土佐のおすすめ青空市 ぶらぶらてくてく!
土佐の青空市の特集
(2011年特集)
メニュー 日曜市を歩こう | おすすめ街路市 | その他の青空市 | 高知県市町村の市 |
土佐の街路市 |   日曜市 火曜市  木曜市  金曜日 
金曜市 場所 愛宕町1丁目(高知駅電停から歩いて15分)
 □ 長さ 233m
 □ 店数 約50店
 □ 時間 日の出から日没1時間前まで
 □ 期間 1月1日・2日を除く毎週金曜日
 
金曜市マップ
おすすめ 【餅】
おすすめ
どの市にも、餅が売っているが「よもぎ」が香る「よもぎ餅」がおすすめ。
おすすめ 【たくあん】
おすすめ
歯ごたえパリパリのたくあん。
1本から包んでくれる。
金曜市
【金曜市の歴史】
金曜市は昭和元年に誕生。その後、昭和6年には朝倉町と江ノ口、旭駅前通の3ヵ所で開催されていた。
旭駅前通では、電車通りから現在のJR駅前までの両側に開催されていて、第二次世界大戦まではかなり賑やかな市だったといわれている。 戦後は昭和30年から再開されたが市街地の発展に伴い共存は難しくなっていった。昭和34年には旭駅前通での出店はなくなり、終戦とともに再開された江ノ口の市が、道路拡張などの影響で移転を余儀なくされ、愛宕商店街への移転を希望したが、市街化とともに発展する商店街との共存が危ぶまれた時期もあったようだ。
今日は何がおすすめかね? 高架橋の下に立ち並ぶ店
今日は何がおすすめかね? 高架橋の下に立ち並ぶ店
【現在の金曜市】
その後、商店街の関係者の努力によって、現在のような、踏み切り南側の線路沿いに新しい出店場所を確保することが出来、その後の愛宕商店街の存続と、切り離せない存在にまで発展してきた。 高知駅の高架事業に伴い、現在の金曜市は今後東か西に場所を少し移動するものの、継続して開催されることになっており、いまや商店街にとってもなくてはならない存在になっている。
この市は高知駅から最も近く、古くからの地域性や市の特性などもあって、独特の存在感を形成している。 比較的帯屋町など、中心商店街に近く、病院や商店街に近い立地に加えて、古い住宅地に隣接していることなどもあり、訪れる客の多くは地域の住民で、出店者たちとも長い時を重ねた絆が今もそこここで見られる。一時はその存続が危ぶまれたこともあったが、いまや地域の生活者だけでなく、地域商店街にとっても欠くことのできない存在にさえなっている。
土佐の街路市 |   日曜市 火曜市  木曜市  金曜日 
TOP 日曜市を歩こう | おすすめ街路市 | その他の青空市 | 高知県市町村の市 |

PAGE TOP▲