四国八十八カ所めぐりin高知
お遍路の基礎知識
第1番〜第88番
徳島・愛媛・香川の札所
第24番〜第39番
「修行の道場」高知
■メイン
 
お遍路用語
お遍路 四国八十八カ寺を巡ること。または巡る人。
お接待 地元の人々が巡拝者に食べ物や飲み物を提供する施し。
同行二人 どうぎょうににん。弘法大師といつも一緒に歩いているという意味。菅笠などにも書かれている。
先達 豊かな巡拝経験を持ち、お遍路に詳しい人のこと。
打つ 札所を巡拝すること。
一国打ち 四国四県の一県のみを巡拝すること。
逆打ち 88番札所から逆に1番札所まで巡ること。
御詠歌 ごえいか。霊場巡拝で歌う短歌体の賛歌。各札所に掲げられていることが多い。
結願 八十八カ寺をすべて巡拝し終えること。(し終えたこと)


巡礼用品の色々
参拝の手順
1.山門(仁王門)で一礼する
大日寺、納経所でご朱印をいただくお遍路さん
2.手水(ちょうず)を使って手と口をすすぐ
(左手、右手、左手の水で口をすすぐ)
3.鐘楼で鐘をつく
(参拝後は「戻り鐘」といって縁起が悪いので必ず参拝の前につく。※鐘をつける札所のみ)
4.本堂で納め札を納める
5.灯明と線香、賽銭を上げる
6.合掌し読経(大師堂でも同じ)
7.納経所で料金を払い納経帳にご朱印をいただく
8.山門から出る時は一礼して去る
このページのTOP▲