四国八十八カ所めぐりin高知
お遍路の基礎知識
第1番〜第88番
徳島・愛媛・香川の札所
第24番〜第39番
「修行の道場」高知
24番 最御崎寺
25番 津照寺
26番 金剛頂寺
27番 神峯寺
28番 大日寺
29番 国分寺
30番 善楽寺
31番 竹林寺
32番 禅師峰寺
33番 雪蹊寺
34番 種間寺
35番 清滝寺
36番 青龍寺
37番 岩本寺
38番 金剛福寺
39番 延光寺
■メイン
 

四国八十八カ所めぐり
第36番札所 独鈷山 青龍寺
第36番札所 独鈷山 伊舎那院 青龍寺(どっこざん いしゃないん しょうりゅうじ)
【御詠歌】わずかなる泉にすめる青龍は仏法守護の誓いとぞきく
【真言】のうまくさんまんだ、ばざらだん、せんだ、まかろしゃだ、そわたや、うんたらた、かんまん

高知の中心部最後でもあり、西部の始まりでもあるような場所に位置する青龍寺は、弘法大師が唐の地から、寺院建立の地に留まることを託して投げた金色の独鈷杵(とっこしょ)が、この地の松の枝にかかっていたことから建立されたと伝わる。独鈷山という山号はこれに由来する。寺号は真言密教の師、恵果和尚への報恩のため和尚が住んでいた長安の青龍寺に倣い、恵果堂や恵果和尚の墓も建てられている。墓の近くには滝が流れる行場もあり厳かな雰囲気が漂う。
本堂と大師堂
本堂
本 堂
本尊の波切不動明王は、大師が海上の帰途嵐に遭ったとき、宝剣で荒波を切り裂き救った姿を刻んだと言われる。海上の安全を祈る漁師からの信仰を古くから集めてきた。ともに安置されている愛染明王は家庭円満、縁結びの神様。国の重要文化財。
大師堂
大師堂
本堂のすぐ左手に大師堂。境内に本堂、大師堂、薬師堂が一直線に並んでいるが、これは唐の青龍寺の配置を模しているという。
170段の階段と三重の塔
170段の階段と三重の塔
本堂に行くまで短いようで長い170段の石段の途中に、朱色が美しい三重塔がある。その美しさに思わず、目を奪われる。
DATA
場所:土佐市宇佐町竜163
TEL:088-856-3010
アクセス:土佐ICより車で約30分/高知県交通バス停「堺町」から「宇佐」行きで約50分、「スカイライン入口」下車徒歩約30分
【施設情報】 
このページのTOP▲