四国八十八カ所めぐりin高知
お遍路の基礎知識
第1番〜第88番
徳島・愛媛・香川の札所
第24番〜第39番
「修行の道場」高知
24番 最御崎寺
25番 津照寺
26番 金剛頂寺
27番 神峯寺
28番 大日寺
29番 国分寺
30番 善楽寺
31番 竹林寺
32番 禅師峰寺
33番 雪蹊寺
34番 種間寺
35番 清滝寺
36番 青龍寺
37番 岩本寺
38番 金剛福寺
39番 延光寺
■メイン
 

四国八十八カ所めぐり
第33番 高福山 雪蹊寺
第三十三番 高福山 雪蹊寺(こうふくざん せっけいじ)
【御詠歌】旅の道うえしも今は高福寺のちのたのしみ有明の月
【真言】おん、ころころ、せんだり、まとうぎ、そわか

桂浜から北東へ2キロほどのところにある雪蹊寺。四国霊場の中には2ヶ所だけ臨済宗に所属する寺の一つ。四国霊場には珍しい、幽霊伝説の残るお寺。廃寺となったこのお寺に、歌の句を忘れた幽霊が夜な夜な現れ、悲嘆に暮れていたが、旅の途中で立ち寄った月峰和上が句を詠んだところ、霊は慰められて現れなくなったという。その後、長宗我部元親の後ろ盾により、月峰和上が住職となって臨済宗のお寺として再興。また、仏師運慶と湛慶による18体の仏像が国の指定文化財として収められている。
本堂と大師堂
本堂
本 堂
広々とした境内正面に本堂がある。頭をなでるとご利益があるお賓頭廬(びんずる)様もある。
大師堂
大師堂
本堂の右側にある大師堂には眼鏡が入った額が奉納されている。眼病祈願を行い平癒した人が奉納したと言われている。

太玄塔
明治初めの廃仏毀釈により再び廃寺となった寺を再興した山本太玄和尚のために弟子の山本玄峰が建てた塔。玄峰和尚は眼病平癒のため雪蹊寺で出家し、生涯17回もお遍路をしたため、眼病平癒を祈願する参拝者も多い。
御守り
病気平癒・すこやかお守り
病気平癒・すこやか御守り
小さい子どもさんから、ご年配の方まで、
健康を願う心は同じ。お土産にひとつ。
DATA
場所:高知市長浜857-3
TEL:088-837-2233
アクセス:高知ICより車で約30分/南はりまや橋から、高知県交通バス「桂浜」「みませ」「長浜」「仁野」行き等で約20分、「長浜出張所」下車、徒歩約3分
【施設情報】 
このページのTOP▲