四国八十八カ所めぐりin高知
お遍路の基礎知識
第1番〜第88番
徳島・愛媛・香川の札所
第24番〜第39番
「修行の道場」高知
24番 最御崎寺
25番 津照寺
26番 金剛頂寺
27番 神峯寺
28番 大日寺
29番 国分寺
30番 善楽寺
31番 竹林寺
32番 禅師峰寺
33番 雪蹊寺
34番 種間寺
35番 清滝寺
36番 青龍寺
37番 岩本寺
38番 金剛福寺
39番 延光寺
■メイン
 

四国八十八カ所めぐり
第26番札所 金剛頂寺
第二十六番 龍頭山 光明院 金剛頂寺(りゅうずざん こうみょういん こんごうちょうじ)
【御詠歌】往生に望みをかくる極楽は月のかたむく西寺の空
【真言】おん、ころころ、せんだり、まとうぎ、そわか

「東寺」と呼ばれる最御崎寺に対して、ここ金剛頂寺は「西寺」と呼ばれていて、寺域は3万3000屬砲盖擇屐B臚2年(807)、弘法大師が薬師如来の坐像を刻み本尊とし、国の重要文化財となっている。また、境内にはヤッコソウの自生が見られ、こちらも県の天然記念物になっている。
本堂と大師堂
本堂
本堂
大師が刻んだ本尊は、開山以来の秘仏で、完成したと同時に自ら本堂の扉を開けて鎮座したという話が残されている。毎年12月31日から翌年の1月8日までは、御開帳されている。
天狗問答
天狗問答
納経所のすぐ左にあるブロンズのレリーフ。空海が室戸で修行した際の、「天狗問答」と呼ばれる逸話を描いたもの。
厄坂
厄 坂
本堂に向う石段には、男性、女性の厄落しの目安になるように「男坂」「女坂」として、目印がある。
DATA
場所:高知県室戸市室戸町元乙523
TEL:0887-23-0026
アクセス:南国ICより車で約1時間30分
/ごめん・なはり線「奈半利」駅より高知東部交通バス「室戸岬・甲浦」行きで約35分、「元橋」下車徒歩約45分
【施設情報】  
このページのTOP▲