春分峠〜鈴ヶ森しゅんぶんとうげ〜すずがもり四万十町
標高1,054m

森の風が吹き渡る静かな山

ハイキングコース

春分峠〜鈴ヶ森ハイキングコースマップ 【アイコンの説明】 各アイコンの説明
  • ※ 図内の「S」をクリックするとGoogleMapでスタート地点が表示されます。
  • ※ 詳細なルート図の表示ではありません。
1.鈴ヶ森コース
比高
1,093m
難易度
中級※1
所要時間(往復)
4時間00分
距離(往復)
春分峠〜鈴ヶ森6.2km

針葉樹・広葉樹がつくる自然の植物群落の中を歩く約7kmの長丁場コース。

原生的な自然林の春分峠を起点に、四万十町と梼原町の境界の尾根を歩く。尾根沿いは照葉樹林で構成されており、アカガシをはじめ、ヒメシャラ、ヒノキ、モミ、ツガなどの巨木群に出合うことができる。また、鈴ヶ森に近づけばブナも現れる。春はマンサクを皮切りに、ヤブツバキ、シャクナゲ、オンツツジ、ハイノキなどの花が咲き誇る。ヤシャビシャクやフデリンドウ、ギンリョウソウなどの珍しい花にも合える可能性がある。

途中、水が峠の200m直登りのきつい箇所もあるが、ここを辛抱強く登ればアップダウンを繰り返し歩く。
樹木のトンネルなので歩道からの眺望はそれほどでもないが、落葉シーズンには明るい森となる。
鈴ヶ森からは、松葉川温泉を眼下に窪川の平野がよく見える。北には石鎚山も望むことができる。
大野見側に下れば林道があるので、車を配車しておけばワンウェイコースで歩くことができる。

2.高山コース
比高
+808m、−1,098m
難易度
中級※1
所要時間(往復)
7時間00分
距離(往復)
春分峠〜高山10.2km

コース:春分峠〜鈴ヶ森〜高山

鈴ヶ森より松葉川方面に下る。こちらは鈴ヶ森からは下りオンリーとなる。ただ、脚に疲労がたまっているので、思わぬアクシデントに要注意。
豊かな天然林の中を、落ち葉を踏みながら歩くのは格別である。
下った後、松葉川温泉に直行すれば、登山の疲れが心地よい達成感に昇華される。

下山口に車を配車することを勧める。

3.風景林コース
比高
+158m、−593m
難易度
初級※1
所要時間(往復)
5時間00分
距離(往復)
約3km

春分峠から入る久保谷山風景林コース。
巨大アカガシをはじめ、シーズンごとに花、新緑、紅葉、落葉とバラエティに富んだ原生林を堪能できる。杖立からは興津方面の海も見ることができる。

手軽なように思えても、道に迷えば遭難する恐れもあるので、十分な装備と山に慣れたガイドと入山することを勧める(中級者)。

また、この森には梼原町松原と松葉川を結んでいた往還道が4km残っており、杖立三角点から松葉川温泉まで下ることも可能(上級者)。

アクセス(登山口への交通アクセス)

四万十町中央インターより松葉川温泉まで約18km。
そこから春分峠まで林道を約10km30分走行。
途中より未舗装になるので注意。

GoogleMapのストリートビューを見る>>
この山についてのお問い合わせ先
四万十町観光協会 TEL 0880-29-6004