ゴールデンウィーク情報 【イベント情報(4月22日〜5月7日の期間開催されているイベント)】

イベント情報(4月22日〜5月7日の期間開催されているイベント)

※内容・時間が都合により変更となる場合がありますので主催者にご確認ください。

イベント情報

エリア 市町村 基本情報 GWの情報など
西部 津野町

志国高知 幕末維新博 津野町企画展「風雲児虎太郎の世界」

問い合わせ先:
吉村虎太郎邸
維新の魁 吉村虎太郎の足跡を様々な資料やゆかりの品をまじえて紹介します。
開催日時:
2017年3月4日(土)〜5月31日(水)
9:00〜16:00
開催地
「吉村虎太郎邸」津野町芳生野甲1456-1
西部 高岡郡四万十町

山本祐市作品展〜漁師とチェンソーアーティスト二つの顔を持つ男〜

問い合わせ先:
海洋堂かっぱ館
海洋堂かっぱ館の内外を埋め尽くす、木彫り河童の生みの親であり、高知県出身のシラス漁師でもある、チェンソーアーティスト、山本祐市氏の作品展を開催します。
最新作の「鬼」も登場し、かっぱ館全体をあげて開催する、かっぱ館初の企画展です。
開催日時:
2017年3月18日(土)〜8月31日(木)
10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
開催地
海洋堂かっぱ館高岡郡四万十町打井川685
中部 全域 KONAN Photorally

KONAN Photorally(コウナンフォトラリー)

問い合わせ先:
一般社団法人 香南市観光協会
交通情報:
高知自動車道 南国ICより車で約30分
高知龍馬空港より車で約15分
指定された20ヵ所のうち5ヵ所(うち1ヵ所以上は有料施設 またはレンタサイクルの利用)以上を巡り、看板や案内板が入るように撮影した写真や施設の使用済みチケットもしくはレンタサイクルスタンプを押印後、フォトラリーのゴールとなる のいち駅でスタッフにご提示ください。確認後、アンケートにご記入いただき、賞品をお渡しいたします。
開催日時:
2016年〜2017年
開催地
香南市全域20ヵ所
中部 香南市

幕末の江戸三大道場展

問い合わせ先:
創造広場「アクトランド」
位の桃井、技の千葉、力の齊藤。
開催日時:
2017年3月4日(土)〜6月18日(日)
10:00〜18:00(入館は17:30)
開催地
『創造広場「アクトランド」』香南市野市町大谷928-1
中部 高知市

「汗血千里の駒」が描く坂本龍馬

問い合わせ先:
高知市立自由民権記念館
1883(明治16)年「土陽新聞」に連載され、坂本龍馬のイメージの骨格を形成した最初の龍馬伝「汗血千里の駒」の内容を全挿絵とともに紹介。
開催日時:
2017年3月4日(土)〜9月18日(月・祝)
開催地
高知市立自由民権記念館高知市桟橋通4-14-3
中部 香美市 吉井勇、祖父と龍馬を詠う

企画展「吉井勇、祖父と龍馬を詠う」

問い合わせ先:
香美市立吉井勇記念館
交通情報:
JR土佐山田駅より車で約40分
高知自動車道 南国ICから車で約50分
吉井勇の祖父・友実は薩摩藩士で、坂本龍馬と親交があった人物です。
勇は二人のことを「或る日の龍馬」と題して小説にしているほか、たびたび短歌に詠んでいます。
本展では、大政奉還から150年にちなんで吉井勇と祖父・友実、坂本龍馬に関連した資料を紹介します。
開催日時:
2017年3月30日(木)〜2017年9月3日(日)
9時30分〜17時00分
※火曜日休館(火曜日が祝日・休日の場合はその翌日)
開催地
香美市立吉井勇記念館香美市香北町猪野々514
中部 香美市

第68回企画展「タカハシユミコ布絵展 布が奏でるハーモニー」

問い合わせ先:
香美市立美術館
タカハシユミコの表現は、身近な動物や植物、日常の何気ないひとコマなど女性ならではの感性を生かした親しみやすいモチーフと、現実から大きく飛躍したイメージの世界が一緒になった独特の味わいを持っています。
作家の感性に触れる布を探し出し、それぞれの色のハーモニーを大切に手縫いされ、絵の具では表現できない立体的なふくらみのある「布絵」は従来の手芸の枠を超えて、品格のある美しさを見せています。
柔らかく光沢がある絹の和服地の特長を生かした「布絵」の魅力をぜひご堪能いただきたいと思います。
開催日時:
2017年4月8日(土)〜6月4日(日)
開催地
「香美市立美術館」香美市土佐山田町262-1
中部 香南市

ミニ企画 絵金白描展示

問い合わせ先:
絵金蔵
墨や淡彩で描いた白描画(香南市個人蔵)の中から、酉年にちなんで鳥の絵をピックアップ。極彩色の芝居絵とは一味違う絵金の世界をお楽しみください。
開催日時:
2017年4月11日(火)〜7月9日(日)
9:00〜17:00(入館締切16:30)
開催地
絵金蔵香南市赤岡町538
中部 香美市

春の企画展「とべ!アンパンマン 

問い合わせ先:
香美市立やなせたかし記念館
漫画「とべ!アンパンマン」は1990年から1994年の間、読売新聞の日曜版に掲載されました。
横組みで英語対訳がついたカラー漫画で、キャラクターたちが活き活きと描き出されています。
アンパンマンミュージアムの4階企画展示室では1年間にわたり、展示作品を変えながら 「とべ!アンパンマン」の世界をご紹介します。
第一弾となる春の企画展では、おむすびまん、カレーパンマン、ドキンちゃんの活躍する回を中心に展示します。
それぞれのキャラクターの「とべ!アンパンマン」での初登場回の原画もご覧いただけます。華やかなカラー原画を鉛筆のラフ画とともにお楽しみください。
開催日時:
2017年4月12日(水)〜6月26日(月)
9:30〜17:00(最終入館16:30)
休館日 火曜日(ただし4/29〜5/5は無休)
開催地
香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム香美市香北町美良布1224-2
中部 高岡郡越知町

写真展「やや身近な野鳥」

問い合わせ先:
越知町立横倉山自然の森博物館
交通情報:
高知自動車道「伊野」ICから国道33号を経由して約40分
高知で見られる身近な鳥たちに興味を持ってもらうことを目的として、やや身近な野鳥を紹介します。
開催日時:
2017年4月15日(土)〜5月14日(日)
開催地
「越知町立横倉山自然の森博物館」高岡郡越知町越知丙737番地12
中部 高知市

ゴールドマンコレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力

問い合わせ先:
高知県立美術館
河鍋暁斎(1831─1889)は、時代が大きく揺れ動いた幕末から明治を生きた絵師です。幼い頃に浮世絵師の歌川国芳に入門したのち、狩野派に学び19歳の若さで修業を終え、さらに流派に捉われず様々な画法を習得しました。仏画から戯画まで幅広い画題を、ときに独特のユーモアを交えながら、圧倒的な画力によって描き上げた暁斎。本展は、世界屈指の暁斎コレクションとして知られるイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品によって、多岐に渡る暁斎作品の全体像を示します。
開催日時:
2017年4月22日(土)〜6月4日(日)
開催地
高知県立美術館高知市高須353-2
中部 高知市

[特別展]レンズ越しのワンダー!〜高橋宣之「横倉山」ネイチャーフォト展

問い合わせ先:
高知県立牧野植物園
交通情報:
高知ICから約20分
高知県高岡郡越知町にそびえる横倉山は、貴重なアカガシ原生林が残る“植物の宝庫”として知られています。若き日の牧野富太郎が植物採集に足しげく通い親しんだ山でもあり、晩年には「土佐でいちばんおもしろかったのは横倉山」と語っています。

高知県出身のネイチャーフォトグラファー・高橋宣之氏はこの山の圧倒的な魅力に惹かれ、原始の森が育む生きものたちの息づかいにレンズを向けてきました。
それらの写真は、視点を変えれば手のとどくところにさまざまな「不思議」と「感動」があることを私たちに教えてくれます。

“仁淀ブルー”の名付け親、高橋氏の眼とレンズを通した道案内で、若き日の富太郎を魅了した神秘の森の散策をお楽しみください。
開催日時:
2017年4月22日(土)〜6月18日(日)9:00〜17:00
開催地
高知県立牧野植物園高知市五台山4200-6
中部 高知市

幕末・維新の言葉 山内容堂の主張

問い合わせ先:
高知県立高知城歴史博物館
明治維新100年を間近に控えた昭和41年(1966)1月、歴史家平尾道雄は維新史の再検討が各方面から期待されていることを強く意識して、高知市民図書館土佐群書集成の一部として『容堂公遺翰』(上・下)を発刊しました。
本展では、平尾が編集した容堂の書翰集(しょかんしゅう)から、容堂の人となり、政見や人物評などを紹介し、幕末政治に重きをなした容堂こと、土佐藩15代藩主山内豊信の実像に迫ります。
開催日時:
2017年4月22日(土)〜6月19日(月)
開催地
高知県立高知城歴史博物館高知市追手筋2-7-5
中部 香南市

押し花作品展

問い合わせ先:
道の駅やす
道の駅ギャラリー84にて開催。
押し花教室の作品を展示します。
開催日時:
2017年4月24日(月)〜5月30日(火)
9:30〜17:30
開催地
『道の駅やす』香南市夜須町千切537-90
中部 高知市 珍コレクション展 チラシ

隆一 珍コレクション展 〜珍品・名品・お蔵出し!〜

問い合わせ先:
横山隆一記念まんが館
交通情報:
高知ICから約10分
まんが家・横山隆一が集めた、「他人にはガラクタに見えるかもしれないけれど、本人にとってはかけがえのない宝物」。世界各地の石から著名人ゆかりの品、歴史の証人とも言える品など、ユーモアあふれる楽しいモノの“珍コレクション”約700点を一挙公開します。
開催日時:
2017年4月29日(土)〜2017年8月27日(日)9:00〜18:00 
開催地
横山隆一記念まんが館高知市九反田2-1 高知市文化プラザかるぽーと内
中部 高知市

幕末・明治の錦絵展

問い合わせ先:
高知市立自由民権記念館
迫力ある戊辰戦争の情景、きらびやかな文明開化、憲法発布、帝国議会開設など、幕末維新から明治にかけて、あわただしく移り変わった時代の世相や事件を、色彩豊かな錦絵で紹介。
開催日時:
2017年4月29日(土・祝)〜7月2日(日)
9:30〜17:00
開催地
高知市立自由民権記念館高知市桟橋通4-14-3
中部 長岡郡大豊町

つくって あそんで ふれあって まなぼう!GWイベント2017

問い合わせ先:
ゆとりすとパークおおとよ
交通情報:
高知自動車道 大豊ICから、車で15分
今回も恒例のクラフト教室などを中心に開催いたします。高知大学地域協働学部生プロデュースの大豊町産のブルーベリーをつかった大福・かきごおり・サンドウィッチやアイス・ドリンクなど販売♪
開催日時:
2017年4月29日(土)〜5月7日(日)
開催地
ゆとりすとパークおおとよ長岡郡大豊町中村大王4037-25
中部 高知市

企画展 文化部侍参上 武士たちの学問と芸能

問い合わせ先:
高知県立高知城歴史博物館
武士たちの学びとたしなみについて土佐藩の資料を中心にご紹介します。
武芸を修め、戦う人。それが「武士」。
ですが、江戸時代には支配階級としてふさわしい学問や教養が求められるようになりました。
儒学、天文学、国学。茶湯に能楽、詩歌、書画。残された著作や作品からは、なんだか楽しげな雰囲気がただよってきます。
この展覧会では、そんな彼ら「文化部侍」の世界をご紹介します。
学校も受験もなかった時代に、彼らは、何を思い、どのようにして学んだり習ったりしたのでしょうか?

●お手持ちのスマートフォンで解説を聞きながら見ることもできます。
開催日時:
2017年4月29日(土・祝)〜6月26日(月)
開催地
高知県立高知城歴史博物館高知市追手筋2-7-5
中部 香南市

第26回のいち動物公園 写真コンテスト作品募集

問い合わせ先:
高知県立のいち動物公園
交通情報:
南国ICから約20分
高知龍馬空港から約10分
2016年8月1日以降に当園で撮影された作品をご応募ください。
(1人3点まで)
【動物部門】当園の展示動物を撮影した作品
【ファミリー部門】園内で撮影したことがわかる作品(展示動物が含まれなくても可)
動物部門の金賞作品は来年のカレンダーに採用します。
【申込方法】応募票に必要事項を記入の上、作品の裏側に貼付(テープ使用)し、郵送または動物公園入口ゲートに持参。
※郵送の場合は当日消印有効
詳細は募集要項をご覧ください。
開催日時:
2017年5月1日(月)〜7月31日(月)
開催地
高知県立のいち動物公園香南市野市町大谷738
東部 安芸郡北川村

幕末維新博関連企画 平成29年度春期企画展【中岡慎太郎「倒幕」の決意】

問い合わせ先:
中岡慎太郎館
中岡慎太郎は、慶応2年10月26日執筆の「窃ニ示知己論」にて大政奉還を唱えた。
また、翌年の四候会議では、西郷隆盛ら在京薩摩藩士と連携し、徳川幕府から政治決定権を奪う計画を立てていた。
本企画展では、「四候会議」と「倒幕」をキーワードに、中岡慎太郎の「倒幕」論について再考する。
開催日時:
前期:2017年4月29日(土・祝)〜5月15日(月)
後期:2017年5月17日(水)〜6月26日(月)
開催地
中岡慎太郎館安芸郡北川村柏木140
このページのトップへ
その他のゴールデンウィーク情報はこちら